<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

走りながら・・・・・

きょうは7月最後の日・・・う~ん 早い!! けれども まいにちが 感謝の積み重ね・・・有難い。

荷物を置くだけ眠るだけの まさにビジネスホテル それでも 満室・・・・しかも 赤ちゃん連れの
フアミリーもまじっているのは 大人含めて 夏休みそのものなのだろう・・・。
日常生活と異なる空間は そして移動すること自体が とてもよい刺激になるのだと思う・・・・。

つくばエクスプレスという 私には驚異的な乗り物で 一時間もかからずに 都心からつくばに
到着できる 文明の進歩の良い面を享受する・・・・。きちんとメモに写し取らずにメールのご案内の
うろ覚えで 産業総合技術研究所の東棟で車を下車 どうも古い記憶と異なる・・・・・
受付嬢 と 守衛さんにおしえていただいて かなり歩くことになったけれど 赤松林の多い広大な
学園と研究都市・・・車の量も多く 歩く人影はほとんどない・・・・方向音痴そのもので うかがった
たてものには似て非なるところ 子供連れさんのすがたが 散見する 宇宙研究所の前に・・・
駅前で夏休みの特別イベントなのだろう 一般公開の研究施設めぐりのバスが出ていて
たっぷり時間があったら 乗ってみたい!とおもったコースの 一つだったようだ…・
カラフルで巨大なロケットの模型が置いてあったり・・・・
とにかく打ち合わせ開始時間が過ぎそうな状態・・・・・走る思いで守衛さんのすがたの格別多い
様に思う研究所にたどりつく・・・日本の重要なノウハウがおそらくかなりの量で集まっている・・・
知的財産の集合所のような・・・・。抜け道らしきものを発見して 先の人たちも急いだらしい
松林の中を抜ける細い地道を大急ぎでたどると つきました!! ガラス戸の向こうに A博士
H博士 O様のお姿が・・・・。 いつもながら お騒がせの私・・・・。
こうして長年の夢の具体化への一ページ まず見出しのページがひらかれた時間だった。
このプロジェクトの出発はまだまだ先だけれど 打ち合わせと準備は開始しなければならない。
まだ多く残るうれしい田園風景の中 建物の工事風景は 非常に多い沿線・・・。
それらが飛び去って行く中で Oさまが つくづく貴女は幸せですね・・・とおっしゃってくださって・・・
あの板東駅の方ではないけれど 白髪で新しいことにトライできることは まことに有難いことだ・・・。
このチャンスをお与え下さった 全ての方に心から感謝をささげます。 ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-31 06:59
両国の素敵なホテル これを検索したときは とても高価で 私のレベルではないと思っていたけれど
仲間のAさんが 楽天トラベルで検索したら ずいぶんお安くて どの様な仕組みなのかは分からない
けれど 手にとどくところだったので 思い切って申し込んでもらったという いわくつき・・・。
本音とたてまえみたいで 世の中 有難くはあるけれど 人が不思議な仕組みを考える・・・・・。

ホテルと同じビルに フアッションセンターがあり 東京産業技術研究センターがある。
こちらの12階で11時から モーハウスさんの 授乳ブラの 実地モニター検証会があり
私も 製造現場として UNIFメンバーの一員として 立ち合わせていただき 本当に良い勉強に
なった。 ものつくりの しかも 条件が非常に繊細な立場の物なので 100人の100通りのご要望に
答えることはできないにしても どのあたりでラインを引き 平均値を出すのかは 既製品としての
厳粛で重要なところなのだ・・・。 オーダー制であれば ある意味 ここまで苦労しなくて
良いのだけれど・・・・5ミリの差 微妙な角度 これを どのあたりまで ユーザーの方が納得して
くださるのか・・・微妙な素材と共に パターンナー様のご苦労が ひしひしと伝わってくる思い・・・・。
しかも カタログをみてびっくりした・・・なんとお安いのだろう・・・・この素材 この 何通りものチェック
縫製仕様の複雑さ・・・・・。これが いわば 都センターの共同開発ゆえに可能にしているのだろう・・
一企業で この真似はとてもできない ワコールさんでも それなりのお値段になるだろう…。
これが確立して 企業として この製品を継続してゆけるのだろうか・・・と 少し考え込んで
しまった・・・。なににしても 世界一高い人件費の国 日本 皆で分け合って 効率よくものが 
作り手から最終の方の手に届くシステムが きちんとできあがるのは 時間がいるかもしれない
けれど 本来の必要とする物々交換経済を思い出すと すべての人間界のシステムの見直しに
ならないだろうか・・・。

重要な ユーザーさんの モニター報告を 赤ちゃん 幼児をつれられた ママさん達によって
報告 計測され この場にいあわせられたのは 本当に有難いことだった。
衣服がいかに その人の ライフスタイルを変え 行動力 自信 感性にまで影響力があるかを
しっかり教えて頂けた・・・。 育児ということでしばりを受けやすい時期 若い可能性と夢に満ちた
女性の 人生にかかわることだと確信を持つことができた。
超遠方にもかかわらず たびたび工場に飛んできてくださる パターン企画のKさんが御案内
くださって すてきな 青山のこどもの城に近い モーハウスさんのショップを訪れた。
夕方の表参道 それこそ 何のお祭りかと思うほどの人どおりを縫って おしゃれなショップを
垣間見ながらおたずねした・・・。 すべて 即 授乳できる すてきな 外出用ドレスから 楽しい
ふだんぎまで・・・すでに 初秋のいろどりと飾り付けの中で 唸る思いで拝見させて頂いた・・・。
美しく知的なオーナーのMさまにふさわしいお店だった・・・・。

御縁の方々に 心より感謝申し上げます。 ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-30 10:52

朝日を浴びて・・・・・

素晴らしい名古屋でのことが後になるけれど あまりにも素敵な朝なので 先に書き込みを・・・・・
東京 両国第一ホテル20階で目覚めてふとカーテンをあけると 目の下に国技館・・・・・
名古屋からたどり着いたのが11時半ごろだったのでさすがに疲れて 先に眠りの国へ・・・・・ 
朝 広いバスタブでここちよく朝シャン!?  モーニングバイキングは25階というご案内・・・・
何と見晴らしの良いこと・・・・・。  大都会ならではの風景・・・・。さすがに夏休みに入っているので
楽しそうな家族づれの方々も多い・・・・ディズニーリゾl-トなどのパックツアーの広告が 
ルームデスクに置かれていたっけ・・・・子供たちのさんざめきも 嬉しいものの一つ・・・・。

上空はまだ梅雨が明けていないことを示すかのように 幾筋かの雲の間から透けてみえる
青空とは裏腹に あの ミハイエル エンデの ネバー エンディング ストーリーの 一シーンを
思い起こすような グレーの濃淡の 早い雲の流れ・・・遠い 高層ビルが 時々雲の中に隠れて・・・
大きな窓を占める 次々に形を変えてゆくダイナミックな雲の奔流・・・時折流れの途切れ目があるようで
テーブルに差し掛かる陽の輝き・・・・思わず 見上げて 天照大神さまとよびかけてしまう・・・。
墨色の雲は 人の世の渦巻く思いのように 重苦しいほどにうねりながら流れ 薄墨いろの淡い雲が
ベールのようにそれらを包むようにして やわらかくうねりながら 共に流れてゆく・・・・

途中で朝9時からのお顔合わせ・・11時からのミーティングにはいるので つづきは 私の夜の
お楽しみに・・・・
食後の祈りのように 神の恵みを身に受けて満ちたる命うけひ励まむ・・・・。
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-29 10:42
朝5時半に 宿のご主人が 板東駅へ送ってくださることになっていたけれど その前に 参拝させて
頂こうと 荷物を玄関におろして そっと夜が明けたばかりの外に出てみると 有難いことに
雨がやんでいて 小鳥たちが嬉しそうに囀り始めていた。 両側に石灯篭の並ぶ参道・・・辺りの郷山から
朝霧が立ち上ってゆく在り様の 何と神秘的なこと・・・・・赤い橋を渡って 本殿の境内へ・・・・手と口を
すすぎ 尚一層すがすがしい心地よさ…・本殿の重厚な木戸はまだ閉じられていたけれど やっと身に
ついてきた二礼二拍手一礼を 有難い感謝の思いとともにさせていただく・・・・。

テラキチ君と 皆が親しみをこめて呼んでいる好青年がいる。 彼はとても不思議な能力を授かっていて
その人の目を直視した後 素晴らしいメッセージを 力強い筆文字にあらわすことができる。 私も実は
一昨年の秋だったと思う・・忌部氏の講演会場で 言葉を書いていただいて とても嬉しかった。
今回の婚礼のお披露目にも 未来の奥様と共に参加 二日目の朝 ワークの会場で 今回の新郎新婦
と囲む仲間たちへのメッセージを 薄紙に金文字で 表して下さった・・・・正確な文言は うっかり忘れて
しまったけれど 今ここに在ることへの感謝 という意味だったと思う・・・それに附合するように 鹿児島
からはるばるきてくださったA青年も ニュートラルという言葉を しきりに伝えてくれた・・・。
愛 平和 とか 調和などの スローガン的な言葉ではなく もっと 各個人の その自分自身の
存在そのものを見つめることが 今一番重要な事ではないかと・・・・それこそ あの青山先生の
よくおっしゃるお言葉ではないけれど 千載一遇のいま生まれさせていただいて人間として存在して
いることの物凄さ、 これに気付かせていただくと ふと眼を開けてまのあたりにするひとたちが
なんと輝いて見えることだろう・・・・! それは ただただ 有難いことに尽きると・・・・。

頭を深く下げながら 朝のみずみずしい空気の中で 感謝させていただけることこそが 最高の
幸せに違いない・・と思うと 目頭が熱くなる…・。 深呼吸しながら ゆっくり 観梅苑に戻って
くると 宿のご主人が 玄関に車を回して 待っていて下さった。
早朝の板東駅・・・・散歩をしながら近所のお掃除をして回っているという にこやかな初老のご婦人が
駅のベンチにならんで坐って 話しかけてくださる。 街に住む孫の所を訪れるおばあちゃんという
楽しいストーリー・・・・仕事で移動するのだとうっかりお話ししてしまったけれど あんた幸せやなあ
と言われて その通りだと思う・・・元気に現役をやらせていただいている・・・・。一番電車のワンマンカー
嬉しいことに あの方がほうきとチリトリを置いて 見えなくなるまで手を振ってくださって・・・・・
徳島駅に出て 新神戸まで高速バス そして予定通り 名古屋入りした。
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-29 02:19
集うべくして集い 会うべくしてあった人達・・・・今年は梅雨がまだあけていない・・・集中豪雨が災害を
引き起こしているところもある状況の中で 時折日が差してきたり シャワーのように注がれる雨の中
たかしさん よしのさんの 人前結婚式は 錬堂さんの吹き鳴らして下さったほら貝を合図に始まり 
無事終了・・・。 申し訳ないことに ゆきあたりばったりの準備で まったくゆきとどかなかったにも
かかわらず それに目くじらを立てる方もいらっしゃらない 本当に温かい集会として終われた事は
感謝以外の何物でもない・・・。 引き出物?の袋入れから 花嫁さんのブーケ作り さまざまな
セッティング・・・・皆で力を合わせて作り上げたセレモニー・・・・お二人を囲む人たちの温かさを
目の当たりにした思いで 鹿児島や 東京からもはるばるおこしくださった方たちと頂戴できた
暖かい御縁は 神様が私に下さったプレゼントなどと 勝手に思い決めている。
この家の主 パティシエの上田様のイチゴとヤギさんのミルクをふんだんに使った 大きな
ウエディングケーキ そして手作りのログハウスを 皆さんが気に入ってくださって嬉しかった・・・。

マヤ暦の時間をはずした日 それが 結婚式当日だった。 麻がつなぐ御縁は 忌部や海部の
共通項 メディテーション 様様なワーク 自然農法の土 水 前世 今生 来世・・・何と様様な
今生を生き切る姿があるのだろうと・・様々なお話を伺いながら 宝石のきらめきのように感じた・・・・

その日お帰りになった方々・・・・翌朝 お別れした方々・・・そのまま 林先生の 大麻神社に近い
賀川豊彦記念館での阿波忌部氏の講演会に伺った人たち・・・・・。

分けても あの日 海部(あまべ)の一言から 熱くつながった鹿児島のYさん・・・。思いがけず
丹後一之宮 元伊勢 こも神社の 海部氏(天の群雲の剣を預かられた家系)にかかわる系図や 
分厚い御本をお貸し頂いたこと・・・
この御本の話題が 昨夜の 大麻比古神社境内・観梅苑での 林先生 野田先生を囲んでの
懇親会につながって・・・・。 こも神社の海部様は 古代米研究会の長でもあられるという・・・・。

昨日は又IHM様からもご連絡を頂いてぜひ 徳島で講演会を開きたいので200名ほど入場可能な
ホールの手配がつかないかというお問い合わせがあり これもまた 不思議に 只今に附合する
事だと感じ入る…。確かに マヤ新年を私は知る由もなかったけれど 何かが動きはじめている
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-28 04:32

風に吹かれて・・・・・

書類は書きあげたものの 数表の計算式が 単純な足し算の行しかあわない・・・! 
そんなこんなで乗るべき電車を乗り逃がしてしまい Y君に悪いけれど 阿南まで走ってもらう・・・・
途中は朦朧として覚えなし・・・いつもながらの バタバタの出発・・・・阿南の駅で改札に
かけあがったけれど(こちらは二階が改札口) 阿南発の電車は さきほどでたばかり・・・
う~ん 思い切って タクシー・・・・・。 親切そうな方のタクシーで 先ずは徳島駅を目指す…
そこから 高松行きの 特急に間に合うかも・・・。車中で 担当官の方にお電話を入れたら 
まだご出張中だった・・・事務の方が御親切に対応してくださって やがて担当官の方から お電話を
頂く・・・本日受付の書類は 本庁(つまり 東京のこと)での締切とのことで まことに残念ながら
これは 一日のずれで 審査以前のこととなった。
生まれて初めての 一人で書き上げた申請書・・・・難しい表現が沢山あって 何と解釈してよいのか
分からない・・・・Oさまには よく叱られたが 専門語が良く分からない…これは 法律文を解釈する
ような 緻密さがいるようだ。 以前 高松での小規模事業所向けの説明会をききにいったことが
あったけれど 書類文も本庁の方に質問している県の技官の方の言葉も 意味が分からなくて 
英語のほうがまだ察しがつくな・・・と ため息が出たことがあったけれど…・でもおかげ様で 少し
書類作成の自信がついてきた…HPを検索して 様様な補助金の募集要項を 引っ張り出してくることも
おぼえられたので 今回は 実践を踏まえたお勉強だったのだと思ったら いっぺんに気が楽になった。 
どちらにしても 明日朝一番に井川町を目指して出発の予定だったので 徳島駅に近いチィエーンホテル
新館のところで タクシーを止めてもらった。 やれやれと思ったら さすがにくたびれを感じた。
フロントの後ろの棚を見ると キーやカードは 半分ぐらいしか入っていないようなので ほっとする。
5階の見慣れたまどりのお部屋・・・新建材のにおいがまだ残っているけれど・・・・。
卓上湯沸かし器には 感動! ほしくなるような可愛さとスマートさ・・・・。白くて丸型 要所がブルー
本体の水量表示は しずく型でこれもブルー。 きっと可愛い女の人のデザインだろうな・・・。
全てが 毎度おなじみの・・・バージョンの中で 輝いて見える…。正直嬉しかった。

おかげ様で明日のお式のための準備ができる…。座り込むと 出かけるのがおっくうになりそうで
荷物を置いてすぐ 文房具卸のお店が 新町川のあたりにあったのを思い出して 外に出る。
ゆっくりゆっくり歩いて新町川を渡る・・・懐かしいイタリアンレストランに遭遇・・・お昼を食べていなかった
事を思い出してお店の前に立ち止まったら すごいな・・・中から笑顔の女の人が ドアーをあけて
いざなわれる・・・ちゃんと観察していたのでしょう・・・えらいな・・・。ガーデンサラダ グランベリー
ジュースなど注文・・・いつ来ても おしゃれで楽しい・・・
町役場の太鼓の上手な人とお昼ごはんを食べた事や そごうに出入りしていた頃若い人たちと来たこと 
満員で入れなくて外のベンチで川風にふかれながらジャズ談議をした友人など 長く生きると 
有難いことに思い出の数も多い・・・
めでたく 明日のための 紙袋 ブーケ用のきれいな包み紙 リボンなどをもとめて 御帰館。
落ち込みや反省よりは 空を登る風船のように なんだかとても気が楽になって 普段ありえないことに
八時すぎには イルカさんと一緒に ぐっすり・・・・。
タクシーの中から報告したけれど 一緒に走ってくれた人たち含め 本当にありがとうございました。
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-25 06:59

飛翔

背の君様が不在だった時も 油あげを求めて おねだりとんびさんが 毎朝来ていた。
いつもの電柱のてっぺんにとまって ぴ~ひょろろ~と何度も 合図をおくってくる。
背の君様のように 手に油あげを持って かかげるということは さすがに 私には出来なくて
ベランダの手すりの端にそっと置くと 勇ましいほうのとんびさんは すぐに飛んできて
一瞬にして さらってゆく・・・。 その 私をかすめてゆく時の 大きさと 風力に 感動する・・・・。
トンビさんてすごいんだ・・・と改めて感じることだった・・・・。

自然農法?よろしく それぞれに日々成長を遂げている 女王様の木、プランターの藍草 琉球藍も含め 
あじさい 枇杷 イチジク 南天 どんぐりの木々・・・・笹から 裏の山桃まで・・・・風が渡ってゆく時の
あのさわさわという音・・・・ああ~又 しばらくのお別れ・・・・。

25日から 出立予定だったけれど 私の能力不足で 書類を 締切ぎりぎりの高松まで
持ち込むことになり その足で 15日間の行脚にでかける・・・。 国際フオーラムでのイベント含めて
沢山の学びのチャンスを頂くことに・・・・。

今日も 御遠方から 車を飛ばしてきて下さったS様 久しぶりに立ち寄って下さったB様・・・・
あわただしく時間が飛び去って行く中で Eくんの 展示会サンプルも 班長さん達の努力で
無事五型完成 雲の間から覗く 青空のようにおもえる・・・・・彼の感性と私の解釈が
どこまで握手できたかな・・・・?
このようなお仕事をさせていただくのも 有難いことだ。

移動の激しい長旅は 何処へ何をおくっておくのか シュミレーションしながらの荷物作りと 着る物の
つめあわせ・・・・。さてさて この調子ですとまた夜が明けそうですが・・・・。さあ 楽しんで どれだけ
沢山かたづけられるか・・・・そして 面映ゆいけれど 楽しい婚礼の進行係を務めさせて頂くイメージ
作りも・・・・・。さまざまなことを 今も 体験させていただく・・・・ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-24 02:18

連れだって・・・・・

あと四日で長期出張出立、 それまでにまじめに通っておかなければと 大阪行きで少々バテ気味の
背の君様を引っ張り出して 治療院へ・・・・。 名前を呼ばれて まず私めがお部屋へ・・・・、 つづいて
背の君様のご入場・・・ ちょうど私の隣の治療台に横になりながら 二人揃うて討ち死にやな・・・
なんていうものだから 周りの人たちが笑いながら まあまあなんてことを・・・!。

電気治療がとっても面白い・・・・ピリピリするけれど 目をつむっていると 沢山の小人さんが
一斉に手分けして もんだり さすったり その小さな手で一生懸命やってくれているような
風景が浮かんでくる・・・・ついつい胸の中で ありがとうありがとう 痛いのが楽になるね・・・って
白雪姫の小人さん達や おじいさんおばあさんの靴やさんを助けて 夜通し皆で沢山の
靴を縫い上げた小人さん達を思い浮かべてしまう・・・・。 まさに 赤ちゃん帰りがはじまっているのかな・・
最近 童謡だとか 懐かしい絵本の画面が 浮かんできたりする・・・・。なにがはじまっているのかは
分からないけれど 人畜無害であってほしいもの・・・・。

帰ってきての昼下がり お昼御飯のあと さすがにいつものようにお昼の打ち合わせ会議もなく
ゆっくりと座れるのが嬉しい…。蛍の君の残した無線機の後始末に出掛けて来てかなりしんみりしている
背の君様・・・なあ~やっぱし そいとげるいうことは ええことやな・・・・。  ん?!
何人子供がいても たいがい 同居している例は少ない。 生活のためには 仕事のある都会に定住する
のは大方の在り様・・・。 このような田舎ぐらしでは 結局 老夫婦 二人きりが 普通・・・・。
毎朝 毎昼 毎晩 一見同じことの繰り返しだけれど それこそが ありがたいこと・・・・。
さあ あと 何回一緒に食事するのかしら・・・・。

・・・送りきぬ二人して聴く青嵐・・・
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-20 20:56

夜明け前・・・・

まだ外は真っ暗だけど 四時を過ぎると 新聞配達さんのオートバイの音が 玄関前でとまる・・・いつも
御苦労さま!ありがとうございます!   こうして今日一日が 動き始める・・・・

今日のスケジュール どこまでこなせるか分からないけれど とにかく急ぐ順番にノートに並べてみる。
同じ失敗ばかりいつも繰り返して 進歩がないのだけれど…・ 展示会やイベントは 必ず
そのたびに 様様な書類提出やPR文章の作成 簡略ながら 展開の図面を書くなど・・・・・
それが期日内に間に合ったことがないという・・・実にお恥ずかしい状態で 今度こそはと思いながら
やっぱり 飛び込み作業を優先してしまうので あとになり 全くご迷惑のかけっぱなし・・・・・。

久しぶりのパターン作成・・・・じっと考えるのは 面白いのだけれど 何しろ基礎がない・・・
門前の小僧状態のパターンでも それらしき形になってゆくので、 サンプルを縫ってもらって
又修正をかけてゆくという 原始的なやり方。 同じパターンでも 当たり前ながら 布地が違えば
まったく違う顔になるという不思議…・。 平面から 立体への 変身・・・・・。
細かく布地をきりとってゆくのは もったいなく感じることがあるけれど ・・・・。 Eさんの展示会用は
ずいぶん切り替えが多くて 扱ったことのないやり方が多い サンプルもなく 唯 簡単な絵から
類推してゆくのは 謎解きみたいだ・・・・・。 頭のマッサージかな・・・・。
この連休を 本当にありがたく思う・・・・。 お休みで連絡の取れないところも多くて 不便ではある
けれど ちゃんと たまってしまったお仕事を 少しでも片づけられるのは有難いことだ!
なんとか 追いついて ご迷惑をかけないように・・・・さあ 空が白んできました! 今日もありがとう
ございます!!
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-20 05:01
先日の上京時 浅草に用があって それもお約束の時間ぎりぎりだったので 急いで終点浅草駅の
地上への階段を 雑踏にまぎれて登っていたら 私の名を呼ぶ声がする・・・?きょろきょろしていたら
まあ なんと 埼玉県の大変お世話になっているお客様・・・!! なんで 徳島の方がこんなとこに
いるんですか・・・?びっくりと感動をこめて おっしゃってくださる・・・。広い広い東京で 待ち合わせを
決めていても不安になるほどの人の群れの中で・・・・。 先方に御連絡を入れたら 遅くても良いとの
事で 突然のプレゼントを楽しませていただくことになった。

御一家あげて 藍のフアンでいてくださる上に とても研究熱心な方で 県立図書館にある藍染め関連
の書籍を全部借り出してきて 勉強して下さった という すごいお客様・・・。お客様の域を越えて
今や 貴重なアドバイザー的な存在・・・。 そしてこの方も 藍染は 伝統工芸とは別の 領域の在る
事を 常々おっしゃっていた。
御自分が 重い喘息の持病をおもちの方だけに 人一倍 健康食品はじめ 衣料品 そのほか諸々
に気を配っていらっしゃった。 この方から伺った 多くの体験含む貴重なお話が 製品開発の一つの
参考になってきたのは言うまでもない。
ダメなところは ダメとはっきり伝えてきてくださる…。こういう方は皆無といってもよいくらいで 
ダメだったら二度と買わない例が殆どではないかしら…。
藍染め品が どれだけ 発作をらくにしたか・・・  コンピューターで疲れてもずいぶん藍染は楽・・・・
抗菌にも目覚ましい働きを実感して下さった などなど・・・・ これらは 今の市場では 薬事法もあり
なかなか公表できないでいる・・・。
先日Nさんが見せて下さった 薬草図鑑でも 藍草はすごい・・・天の恵みは 無限と言っていいほど
ある中で 藍草は 最も素晴らしいものの一つではないかと思っている。

浅草での御用をすませて 帰ろうとして改札に入ってこられたO様 走る思いで階段を上がってきた
私との 雑踏の中での出会い・・・・。相変わらず走り回っている私を見て 体を案じてくださる。
お客様の域を越えてのお付き合い・・・・心から有難いと思う・・・・。
振り返り振り返り 見えなくなるまで手をふってくださるO様・・・本当に励まされます。

皆様 ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2009-07-19 16:45