人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

c0147261_20263515.jpg


恐らくこの時の 仕事をサンドウイッチにした研修の旅は かつてないほどに 内容の濃すぎるほど
濃いものだった。 去年の秋の お笑いオープンワールド以来の浜松・・・大好きな 浜名湖・・・・・。

二月五日の 藍住町での藍を巡る熱い会合を振り出しに 六日 お誕生日の朝 IHM様でいただいた 
WATERのできたての日本語版の鑑賞・・・熱海での船井先生の全国大会・・・仙台天命塾での村上先生の
素晴らしいお話・・・雪の中の温泉・・・生命エネルギー農法の畑地…青葉城・・・東京での可能性に満ちた
お出会い・・・最終地がこの浜松の 浜名湖・・・・・そして 小林正観さんと素敵な 仲間たち! なつかしい
Kさん!!。

曇りがちの浜名湖・・・研修会場のロビーから 穏やかな湖のきらめきが見える・・・・・二年余ぶりに あの
懐かしい甲府のH様にもおめにかかる・・・・若返ってるよーなんて 天にも昇りたいほど うれしいことを
言ってくださって・・・・・。ハイ お陰さまです! 藍とEMさんのおかげ様なんですよ!!
そして杖もついていません!
小林先生のお話は まさに時宜をえたものだった・・・・・・。
by dmm8649 | 2009-03-07 20:26

さすがに・・・・

c0147261_182695.jpg


本殿までくると さすがに 人影は少ない・・・・
それでも こうこうと 明るい境内・・・・・元気にうかがえたことのおんれいを思いながら
はるかより 頭を下げてひきかえした・・・・。
by dmm8649 | 2009-03-07 01:08
c0147261_173969.jpg


思うところに宿が取れなくて 浅草から 商談にかようのは 結構 地下鉄でも 遠回りだったけれど
気分転換に浅草 雷門をおとずれてみた。  お店は ほとんどが もう閉じられているのに
海外の観光団の人たちなどで 人出の多いのにはびっくりした。
観光バスなどのかげんもあるのかもしれない・・・・。かの有名な雷門のところは 写真を撮る人で
賑わっていてゆっくり立ち止っていられなかったぐらいだから 予想外のことだった。
まだ開いていた手焼きおせんべのお店で カメさんをみつけて 仲間たちへのお土産とした。
by dmm8649 | 2009-03-07 01:07
c0147261_21205930.jpg


もう何年前だろうか・・・・当時銀座にあった ユニバーサルフアッション協会を訪ねたのは・・・・・
忘れもしない 品川についた夜行バスから降り立って 早朝の時間をどのようにすごしたのかは
もう定かではないけれど・・・銀座への行き方がわからなくて 東京駅まで出て 駅員さんに尋ねた時
すぐに答えてくださらなくて まじまじと顔を見詰められたことがあったっけ・・・・・当時大阪はかなり歩き
まわっていたけれど おのぼりさんをやるとは私も思わなかった・・・・

ある繊維新聞社主催の 講演会の記事を見つけて 大阪出張の折 お話を聞きに出かけた。 それが
私のユニバーサルフアッションとの 出会いだった。 大量生産 大量消費華やかなころ・・・・
既製服の枠にはまらない 高齢による体形変化 イレギュラーサイズ 障害を持たれる方々・・・・・
そのような方々のきちんと着れるものがないという 現状のお話を伺って 今もそこのところはあまり
成長していないのだけれど・・・その夜 眠れないほど 考え込んだ・・・・そして 講師先生に頂戴した
お名刺を頼りに上京したのだった・・・・。
あれからの それこそ 幾星霜・・・・・。 無事にここまでなんとか たどってこられたことを思えば
ありがたいことだと その一言に尽きる。

銀座三越のライオンさんの近くから 和光の 名物時計台の記念撮影・・・・。
私だけかと思ったら かなりの方々が ライオンさんや時計台を あのハチ公さんなみにカメラに収めて
おられた。
by dmm8649 | 2009-03-03 21:20

歌舞伎横丁

c0147261_21204670.jpg


東銀座方向に商談を頂いて 銀座四丁目の四つ角から ゆっくり歩いてみた。 懐かしいとおもえるほどの
記憶がなくて お電話でうかがっていた目印しを探しながらあるいていたら 歌舞伎座の前まで来た。
沢山の人出で どうも 一部と二部の入れ替え時間だったようだ。 大型チェーンのコーヒーショプが脇に
あるのを見かけて 時間にもかなり余裕があったので 足休めに入ってみる。ちょうど四つ角で ガラス戸
の向こうに 信号を渡る人 渡ってくる人の流れが見渡せる。 本当に都会は 人と車の流れが 水の流れ
のようだ・・・。 一瞬とまって又 奔流のようにながれてゆく・・・・。 それなりのリズムがあって
黄昏の雰囲気と よく合っているようにも思える・・・・。都会の一種メランコリーなものが 夕もやのように
ゆっくり広がってくる…・。 唐突に浮かんでくる リルケ・・・・・・。
 
紙コップのカフエラテをゆっくり頂きながら 店内はほとんど歌舞伎座からの流れの人たちだと気づいた。
楽しそうに話しこんでいる初老のご婦人がたの一団・・・・上品な老夫婦・・・・かと思うと美しい着物姿の
お嬢さんたちの一団・・・・一様にプログラムらしきものを前にしての風景・・・・ 服装も含めて 華やいだ
雰囲気の溢れている店内・・・人の楽しそうな談笑をきくのは 大好き。 こちらもなんだか楽しくなって
くるのだもの・・・。

お訪ねするべきオフイスは そのすぐそばにみつけることができた。
by dmm8649 | 2009-03-03 21:20
c0147261_229286.jpg


私もよく利用する 有名なシンプル雑貨店は 建物の中の水際を通って その奥にある・・・・
このようなところを 散策するのも たまにはよいとして ふと 東京駅前の丸ビルのなかの
階上のプロムナードを思い出した…・。 めぐる水路・・・本物のすずめさん(鳩さんではナイ)があそんでいた 人工の公園風木立・・・
それでも ほっと安らぐ思いで まわりのひとたちは 喜んで雀さんを眺めていた…・
すべての人が 郊外や 地方の自然を楽しめるわけではないから こういうのも 有難いことではないかな・・・
作り物ではない 本物の竹さんに このような環境に選ばれてきて 人を慰めることをしてくれているんだ・・・
と いとしくなる思いだった。 この手入れをする 専用のガーデニング屋さんもいるのだろう・・・・。
by dmm8649 | 2009-03-02 22:09
c0147261_2271523.jpg


どこへ行くにもお供してくれている親子カメさんのポーチの中に 嬉しい五色ロザリオを入れて 外まで
お見送り下さったTシスターにお別れして とっぷり暮れた坂を下りながら フリータイムなので いつもの
乃木坂駅には出ずに 大通りを下って探検?してみることに・・・・・なにしろ見上げれば ミッドタウンのビルがあるので それを巡ってみれば迷子になることもあるまいと 一人の気安さで歩き出してみた。
まことにおしゃれなレストランや かわいいブティックが 普通の民家の間にポツポツあるという
面白い小道に入って ふと見上げたら あのビルがそびえている…。坂道と階段を上がりきると
この公園が 別世界のように 都会の谷間の夜の闇を まるで栄養にしているように 生き生きと輝いている。
ひろびろとして ほとんど人影がなく すれちがったのは 大きな犬を散歩させている外人のご夫婦ぐらい・・・。 
一瞬 ここって日本だったっけ…・と思うほど 木立ちも 公園の仕様も 洗練されていた・・・。
by dmm8649 | 2009-03-02 22:07
c0147261_2275275.jpg


いつもみなれた中庭?にでて 一安心・・・・
さすがに 少々寒くて おなかも減ってきて・・・・
高級そうなぎんだらのみそづけなどのお店で お得なセットメニューを見つけて そっとのれんをくぐる・・・・
すごい・・・普通のごはんと みそづけのお魚をやいたのと 切干大根のお煮つけ 小さな茶碗蒸しとお漬け物
このメニューを 白人さんも 黒人さんも 食べている・・・・・ヘルシーメニューとして 食べてはるんかなあ・・・
by dmm8649 | 2009-03-02 22:07

沢山の 赤ちゃん誕生

c0147261_23452280.jpg


朝日をあびて  枇杷の花々が 実を結びつつあるのを発見・・・・。
四季の 確実な移り変わりを見せていただいて 本当に ありがたいこと・・・・・。
by dmm8649 | 2009-03-01 23:45
c0147261_23442546.jpg


無花果さんの枝先にも 次の芽ぶきの準備が始まっていて やわらかい芽が まぶしそうに
頭をもたげはじめている・・・・・。
by dmm8649 | 2009-03-01 23:44