<   2008年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

神戸 5

c0147261_2240886.jpg

[PR]
by dmm8649 | 2008-03-17 22:40

神戸 4

c0147261_22383911.jpg

湾岸道路のそばに保存されている旧岸壁の一部
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-17 22:38

神戸 3

c0147261_22344588.jpg

パークの一隅のパネルの一つ
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-17 22:34

神戸 2

c0147261_22314017.jpg

きょうは アボイントを頂いた時間までの間メリケンパークに行ってみた。何処か人気のないところで 目前の責任を果たす?為にも持ってきた笛を練習したかった。 海にむかってなら余り迷惑にならないのでは・・と思って来てみたらうららかなお日和なのでベビーカーをおす若いお母さんや子供達を遊ばせている人達熟年の観光の人群れなど人影が多い。うろうろして ホテルオークラの駐車場横 無人のテニスコートわきの植え込みを見つけた。そっと侵入?して こいち時間吹かせてもらった。 ふきおわって 足元のみずみずしい雑草さん 親しげによってくる大きな山蟻さん 植え込みの若葉 大空を 吹き渡るかぜ ゆっくりゆっくり流れていく羽根のような雲・・ この有り難い平安・・立ち上がって外に出ると そこに メモリアルパークがあった・・・
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-17 22:31

神戸にて 1

c0147261_220851.jpg

16日は 錬堂さんのご縁で知ることになったキチェー マヤ族13代目 最高神官 アレハンドロ シリロ オクスラさんの講演会で神戸ポートピアホテルに出掛けた。 マヤの13の月の事や 暦が無くなる日 多く言い広められている2012年の事など 余りよく分からないながら 勉強の為に出掛けたが ほんとうに参加させていただいて良かった!実のところ アレハンドロさんも あのような近代的なホテルの会場等ではなく 樹や草に満ちた山野であればもっともっとお話が楽で有られた事と思う。チラシを見ると伊豆高原や富士山の朝霧高原でセレモニーが有る由。きっと素晴らしいだろう。79歳でいらっしゃるなどとても思えないほどお若い。奥様のエリザベスさんの英語への通訳作業 Sさんの日本語への変換 つまり ツークッションおいてのお話で 私達も おそらく御本人も 歯痒いところが有ったと思う。しかし 言語の枠を超
えた歌声 それも まさに朗々と響き渡る祈りをこめた歌声は 暖かくしかも力強く胸に染み込んできて きせずして涙が吹きこぼれてきた・・ 2012年の大異変が起ころうと起こるまいと 現状が永遠に続くはずはない。環境考古学でも いくたびもの人類史の異変の跡を指摘している。ムーだ アトランティスだという以上に この水の惑星といわれている地球そのものが 壊れてしまう事も無いとは誰も言いきれない。だが だからこそ アレハンドロさんの 祈りが 胸にしみてくる。
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-17 22:00

恵みの春

c0147261_8425975.jpg

同じ汽車が 各駅停車の普通から 特急にかわる起点駅、ホームに咲き盛る花の美しい事!光りを浴びて幸せそう! 私もおすそ分けを頂く。
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-16 08:42

行ってきまーす!

c0147261_834691.jpg

余りにと言えるほど 日差しの明るい朝 日曜日らしく 普段より一層静かな風景・・何時もの 貴重な特急に乗って お気に入りの 先頭車 一番前の座席・・たーくん なおちゃんがいたら 歓声を上げそうな席。車体に迫る常緑樹のまるでトンネルをくぐっていくよう・・山あいをぬっていく単線のレールのカーブ・・隣町の小川の土手を 朝日をあびて 四頭の鹿のゆっくり走るシルエット・・えっ?・・ビックリして目をこらしてみたが 本当だった! 朝ごはんを探しにこんな山里に下りてきたのかしら・・だって小川の両側は人家が並んでいるのです・・見つからないうちに山に入ってねー・・生き物はお互いに皆大変・・私たち人間に責任があるのだけれど・・ ローカル線でもやはり特急は早い。番外札所の駅前の海も眩しいほど輝いている。画面は 反ってびっくりするほど暗いけれど・・単線の線路の間にも 若草があちこちに萌出していて 朝露に柔らかく輝いている・・
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-16 08:34
春の嵐が 天空の大掃除をしたのかもしれない・・・今夜は朧月ではなく くっきりと美しい
半月が輝いている。 朝も 横の川が余りに美しくて しばらくみとれてしまった・・・・。

・・・・・天の彩ふふみて早き春の水 水面は輝よう光あふれて・・・・・

桜花のカードにかかれた 素敵な御便りと プレゼントが届いた!
千葉の藍さんが 私のために 版をほって いつでも名刺が作れるように うれしい御便りと
一緒に送って来てくださった! 綾さんの あたたかくほほえましい御便り! Sさんの胸のふくらんでくるようなニュース! こうして又 私も励ましを頂く。

展示会の後始末や 整理もまだかたずかないまま 又 明日からでかけるのは 少し
心苦しくもある。  
藍の種まきから 大きな整理整頓迄 まだ少しも出来ていないのだけれど・・・・
でも 一歩一歩は 進んでいっていると思う。 
Y君も 長い長いイベント行脚をこなして 帰ってきてくれた。 
目前の机の上は ちっとも片ずいていないので さすがにのん気者の私でも 神妙になる。 
でも夕方 あの素敵なMさんから お電話を頂き 明日の打ち合わせが 次の着実な
ステップにつながる励ましを頂いた。 展示会でお名刺を頂いた方とも 商談させていただく
ことになっている。  
本物を リーズナブルに より必要とする方々へ きちんと展開していく という夢の為にも
できるだけ早く帰ってきて 私のプランターに たねを蒔かなければ・・・・
Mさんが送ってきて下さった カラーコットンのたねも 蒔こうと思っている。 
より広い世界へのかめの一歩の為に・・・・・。 
沢山の沢山の方のエールに 心からの感謝を・・・・・。
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-15 22:08

雨上がりの土手

c0147261_18323920.jpg

何時も 背の君様と ワンちゃん達の散歩に行ってくださる 工場長のDさんが出張なので 久しぶりに ワンちゃんに外へ連れ出してもらった。 私と同じで 歳月を重ねた老友を 左右に二匹 連れ立ってのお散歩。枯れ川がいっぺんに 大河の雰囲気! ワンちゃんに ちょっと待ってもらってワンショット! マールちゃん、ターケちゃんと 声をかけながら 背の君様の後を追う 黄昏れ近い 土手のお散歩。 ちゃんと鎖が持てて 景色が楽しめて 土や草の匂いを吸い込んで 私の足で歩いたり 走ったり出来る!! 本当に有り難いこと!!
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-14 18:32
c0147261_1532454.jpg

枯れ川が 一夜で 満々とした流れに変貌しました。お魚もきっと喜んでいるでしょう。遠景でも 川幅の広まりが伝わると良いのですが。
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-14 15:32