人気ブログランキング |

トータスマミーの独り言


by dmm8649

<   2008年 01月 ( 54 )   > この月の画像一覧

素敵な寝台車

c0147261_211311100.jpg

二階個室の車輌を写しそこねたけれど お顔の記念写真
by dmm8649 | 2008-01-25 21:13

満月 と ひしゃく星

東京駅発22時の 寝台特急サンライズ瀬戸 すっかり御世話になるようになって
今回初めて二階の個室に入った。 駅には可愛いTさんが 杖突き状態の私を気遣って
見送りに来てくれていた。 多分誰が見ても 紛れもなく 睦まじい親娘にみえるだろう。
発車して ふと気づくと とてもきれいなお月様。
眠り仕度をして ルーム灯を消すと くっきり夜空が 寝ながらにして 眺められる!!
二階の窓は 天井の三分の一ぐらいまで 壁面からカーブしているので 頭上の
風景を眺めているような気分になる。 電線も 五本になったり二本になったり
まるで綾取りのひものように動いているのだけれど お月様の輝きがすばらしいので
気にならない。 トンネルの明かりや 街路の明かりが 飛び込んでくる事があるが
窓下のかべに頭をつけるようにして仰いでいると 大丈夫と言う事も分かった。
進行によって お月様が視界から消えると 今度は 冴え冴えとした 星空が現れる。
息を呑むような美しさで とうとう 静岡を通過するまで眺め入っていた。 至福の時だった。
気がつくと涙が目頭から糸を引き始めていた。 こんなに 聖なる時といえるような時間を
いただけて 只只感謝あるばかり・・・・・。 仕事とはいえ こうして外に出て 様々な事・
ご縁に出会わせていただける・・・・・。この平穏と境遇に これを支えて下さっている全てに
(数え上げ始めたら 本当にきりがないほど・・・・・)ひたすら ありがとう を言うばかり・・・。
よく眺めると 星座のなまえは良く分からないけれど 大熊座? ひしゃくのような星座が
視界の中央を長く占めていた。 私の 昨今の夢を汲み上げなさいといってくださっている
のかもしれない・・・・・と勝手に解釈して 胸が膨らんでくる想いだった・・・・。
by dmm8649 | 2008-01-25 21:03

吹き抜けホールの一隅

c0147261_23573993.jpg

白いガラスの向こうが 先のルーフガーデンのような公園 このホールがお昼前から三時頃まで人で一杯になる・・平均年齢は うーん どうだろう 30から40代だろうか・・キャンペーンガールならぬ藍尽くしのキャンババに 皆さん異様な感じだったかも でも楽しい社会見学でした!
by dmm8649 | 2008-01-24 23:57

ビジネス街のオアシス

c0147261_23344619.jpg

AWA藍のデモに立った周辺のビル街には 約二万人の人が働いている由。サウスタワーとイーストタワーの真ん中に位置する 吹き抜けホール その外はまるでルーフガーデン・・私にはとても楽しい見学になった。初日の昨日は 吹雪だったが 今日は日がさんさんと降り注いでいる。俄然周辺のマンション街からヨチヨチ歩きの愛らしい幼児 赤ちゃん連れの娘さんのような若いお母さん方が現れて 公園交流のような気配。藍染めには遠い世界ながら 中には立ち止まってくれるひともいた。
by dmm8649 | 2008-01-24 23:34
c0147261_13531461.jpg

正面の丘の慎ましいお寺は ご縁日のようで 阿弥陀如来の 幟が何本か 立ち並んでいるのが見えていた。
by dmm8649 | 2008-01-24 13:53

基地局?

c0147261_2071076.jpg

何処に出かけるにしても JRだけれど 一番近い駅は無人で 何時も乗り継ぎの切符を組んで貰うのは この駅。終電車でたった一人きりのお客さんとして この正面の小さな改札口を 通り抜けることもしばしば。ここから先は予約したタクシーしかない。でもお天気の夜は星がさえざえと輝いていることがおおく 空気も もちろん美味しい。ここを古里と言える人達を 若い人達を 引き付けられる里作りを何とか出来ないものかと 先日のE君との会話など思い起こしながら つい空想にふける。 今日一日私が藍のPRに立っていたのは 大崎ゲートシティ 約二万人の人が働くビジネスビル街の 海外にでもきたような イーストタワーイベントゾーン。 まるっきり異世界にボツンと紛れ込んだような気がしたが 日本語の上手な外人さんやちらほら眺めてくれる人はいた。何年も前に新宿のデパート催事の私を覚えていて下さった方にお声をかけていただいたのは まるで奇跡のように思えた。本当に嬉しかった。明日又来て下さるとのこと。
ご縁と言うのはほんとに有り難いものだ。
by dmm8649 | 2008-01-23 20:07

本来の冬がきました

c0147261_21553241.jpg

日曜日大阪に移動して 始めて利用する福島の グランキューブ大阪国際会議場 七階会議室での 江本先生の講演会に参加。 京都にまけずけっこう冷え込んでいた。幸塾では ブースの番も有って集中して伺えなかったお話を しっかり伺うことが出来た。水の持つエネルギー 転写伝達力の素晴らしさ 共鳴と言う不思議。言霊、音霊の世界。先生が合われたバッシングの状況。足指に係わる入院事態。世界の人達からの励ましと その祈りのメッセージをこめて送られて来た水の摂取で手術せずに済んだ事などなど 内容のこいお話だった。冷たい雨の夜の町へ出たにも拘らず 少しも寒く感じない自分が不思議だった。 しかも 足の痛みさえが軽くなっている!幸塾のエネルギー 会場で久々にであえたMさんや Rさんの温かい応援・・昨夜背の君様にも笑われたが 病は気からのとおり私の自分では認識出来ないような深いところでの何かが有るのかもしれないが とってかえしての東京出張も 苦にならない不思議・・
写真は神戸から高速に上がる寸前の信号待ちの窓外風景。低く垂れ込めた冬空はいかにも寒そうだが 心の中には太陽がさしこんでいる想いだった。有り難いことだ。
by dmm8649 | 2008-01-22 21:55
時々とは言いながら 杖を突くようになったからと言うわけでもないけれど
若い世代との接点を 大切に思うようになった。 ことに 環境とか教育などは
皆が緊急事態といえるほど 切迫した想いを持っているけれども 藍などのことは
一部の人にしか伝わりにくいから 何とかしなければという想いに かられている。

藍草が れっきとした 薬草である事。 不耕起EM自然農法で 農薬類を一切
排除して 立派に栽培できる事。 この植物の成分が 本当に 神様からの
プレゼントのなかでも ことに有り難いものであること。 醗酵ということでは
誰でもが使いこなす事はできないけれども 生葉染めということでは 誰でも
できること。 だからこそエコナプキンを染める方法の一つに 是非 藍草をと
提唱をはじめたことだった。 プランターで 各家庭で育てることができて
染物だけではなく 常備薬代わりにも 色々使える薬草として もっともっと
PRしなければと思う。 ただ 草木染の 耐光度 洗濯の色落ち問題など
確かに まだまだ 生活に密着させるには 問題点はあるけれども 役立つ
パーセンテージが はるかに大きいように思う。 余りにも近代科学の進み
過ぎた中で 出来るだけ自然のもので 対処してゆければな・・・・と願う。
現代の様々の病状が 昔よりも複雑になった分 次々に研究開発される新薬類
の対症療法の即効性と 自然療法の緩やかなスピードとでは 比べるグランドが
異なるようにも思うけれども ハイスピード から スロースピードへ 本来の
命の営みのスピードを 思い出す必要があるようにおもう。
多分呼吸にしても 昔よりは おしなべて 早くて浅くなっているのではないかな・・・

都会から はるかにはなれた地方の利点 ここでは 未だ 土も水も 空気も光も
病みきってはいない。 これはきっとかけがえの無い宝物。 これらを大切に守り
活かし たとえば 藍草を育て 例えば 農薬まみれでない綿を育て セカンドスキン
として 有害紫外線から身を守る事なども含めて 衣類を作る分野も 若い世代に
伝えたいとひしひしと思う。 

この土地から都会へ 修行にでている若者の一人と 今朝 食事を共にしながら
話し合う事ができた。 この土地の大自然を 大切に思っている彼ら・・・嬉しかった。
しかも いずれは 地方をベースに仕事を確立したくて勉強しているという姿勢。
N君やO君も含め 頼もしい若者が増えている。 御互いにどう助け合って
バトンタッチしていけるのか 歩き始めようと言い合っている。
若く きらきらした夢と 熱い想いは 私のほうが エネルギーを頂く。 有り難いことだ。
by dmm8649 | 2008-01-21 22:04

光る海原

c0147261_2355676.jpg

昨日一月十九日宝ヶ池国際会議場での幸塾 京都全国大会に参加させていただいた。京丹後市のEM自然農法の熱血先生Tさんのブースでカタログを配り藍染品を少し宣伝販売させていただいた。なによりも 色々なお出会いやご縁をいただけるのが一番有り難い。様々な新しい活動状況も身近に感じられてやはり 参加するという行動 そのなかでの見る 聞く 感じる それが 考えることを含め 次の行動への 指針になるように思う。幸塾十周年の節目の会だったが 船井会長は急に体調を崩され若々しくエネルギー溢れる社長に振り変わった講演だったが 元気を頂いたと思う。江本先生の非常にフランクでストレートな最近の水からの伝言の活動状況報告 比嘉先生の より深い微生物群の波動・・重力波 共鳴現象の世界・・改めて勉強になった。人は一見個々ばらばらに見えるけれど より多く現状を知ることで 子供達、孫達にきちんと手渡せる未来を考えることは 大切な事だと思う。点から線へ線から面へ 面から量へ!どうやって?
一人一人がその立場で出来ることを 人ごとではなく もっと身に引き寄せて考える・・
ふっと何時か見た海で 余りに美しくて長く保存していたのを取り出してみた。
一滴一滴があつまって出来る海原 あまつ日に きらきらと答えている。
穏やかだけれどエネルギーに満ち溢れた海 ・・・
by dmm8649 | 2008-01-20 23:55

初雪その2

c0147261_23252795.jpg

ほんとうは 雪がちらちらこの画面に降っているのだけれど・・・
by dmm8649 | 2008-01-19 23:25