人気ブログランキング |

阿波忌部氏の古里

c0147261_22183496.jpg


ことに昨年辺りから 熱血漢H先生の 地道な研究成果でもある阿波忌部氏の本の発刊
記念パーティーの 鴨島での交流会を機に ユニークなご縁がつながり 楽しませて
頂いているが 吉野川市(吉野川沿いだから分かりやすくはあるが 幾ら考えても 
残念な地名に変わってしまった・・・・もともとは 麻植郡と書いて オエグン と読み 本来ならば その歴史を現す麻植市とでも改名されるべきだったろうが・・・・・)の市制記念日に合わせての 阿波忌部氏にかかる歴史講演会と その史跡巡りのバスツアーがあって 炎天下ながら
あの貴重なアラタエ 黄金の麻を栽培 織り上げて 皇室に献上する事を代々受け継がれて
きた 木屋平の三木家当主 三木様にガイド役まで務めていただいて 遺跡の数から見れば
一部ではあるけれど 廻らせていただいた時の 不思議な感動は 忘れがたい・・・・・。

訪ねたEM藍畑から下ってきて 観音堂のある中腹で桜をながめたが はるか眼下の 
吉野川 それをへだてての御向かいの山奥にある木屋平・・・・その三木家の御庭で 毎年 
天空に捧げられる音楽祭があって それがこの13日・・・・14日から又出張なので その前に
訪ねたいと願っていたが なにしろ バスもいかないところだそうで 車が運転できなければ
とても無理のよう・・・・タクシーでいったら 万につくようで これは無理だとあきらめざるを
得なかった。

それはともかく 農耕 織物 染色 焼き物 音楽 などの ハイレベルの文化を保持していた
忌部氏を 遠く 海流に乗って 関東圏にはこんだのは 南方のこの地 アマベの郷の民だと
いわれている。房総半島には 沢山の 阿波忌部にまつわる遺跡が残っている。
阿波神社 もある。 安房と書いてアワと読む由。千葉の教育委員会の資料には
さまざまな資料が残されている由・・・・・。 

悠久の宇宙の歴史からみれば 小さな水の惑星の 神代からの歴史といえども 
ささやかな事かもしれないが 営々と受け継がれてきた 人としての営みの不思議を
嬉しくも 有り難いことだと思う・・・・・。
by dmm8649 | 2008-04-09 22:18