人気ブログランキング |

神戸にて 1

c0147261_220851.jpg

16日は 錬堂さんのご縁で知ることになったキチェー マヤ族13代目 最高神官 アレハンドロ シリロ オクスラさんの講演会で神戸ポートピアホテルに出掛けた。 マヤの13の月の事や 暦が無くなる日 多く言い広められている2012年の事など 余りよく分からないながら 勉強の為に出掛けたが ほんとうに参加させていただいて良かった!実のところ アレハンドロさんも あのような近代的なホテルの会場等ではなく 樹や草に満ちた山野であればもっともっとお話が楽で有られた事と思う。チラシを見ると伊豆高原や富士山の朝霧高原でセレモニーが有る由。きっと素晴らしいだろう。79歳でいらっしゃるなどとても思えないほどお若い。奥様のエリザベスさんの英語への通訳作業 Sさんの日本語への変換 つまり ツークッションおいてのお話で 私達も おそらく御本人も 歯痒いところが有ったと思う。しかし 言語の枠を超
えた歌声 それも まさに朗々と響き渡る祈りをこめた歌声は 暖かくしかも力強く胸に染み込んできて きせずして涙が吹きこぼれてきた・・ 2012年の大異変が起ころうと起こるまいと 現状が永遠に続くはずはない。環境考古学でも いくたびもの人類史の異変の跡を指摘している。ムーだ アトランティスだという以上に この水の惑星といわれている地球そのものが 壊れてしまう事も無いとは誰も言いきれない。だが だからこそ アレハンドロさんの 祈りが 胸にしみてくる。
by dmm8649 | 2008-03-17 22:00