トータスマミーの独り言


by dmm8649

猫さんの目の様に・・・

c0147261_0315457.jpg

三月五日 名古屋から新神戸まで 久しぶりに 新幹線ひかり号の車窓の変化を楽しませて頂く・・途中 車体のみならず 車窓にまで勢い良く浴びる線路沿いに何区間も並んだ多分凍結防止の 鉄道シャワー?を初めて体験した。

・・・・・あわあわと雪を頂く連山のはるけき車窓よ岐阜羽島とぞ・・・・・

・・・・・山襞に淡雪たたえる山並みのあなたはもしや飛騨路高山・・・・・

・・・・・水色の上空流るる綿菓子の雲群ありて弥生三月・・・・・

・・・・・長良川岸辺の葦の枯れ原に若草まじりて弥生嬉しき・・・・・

・・・・・雪雲の煙れる山のつらなりに次なる駅は米原と知る・・・・・

・・・・・雪雲は煙りて大地覆いいる今まさに関が原走り抜け行き・・・・・

・・・・・凍結を防止すなるや車窓にも音たてて届く水流・・・・・

・・・・・雪雲と淡き弥生の水色と琵琶湖上空分けいる不思議・・・・・

・・・・・東海道近江路はまさに吹雪きいて線路沿いシャワーの音の激しき・・・・・

・・・・・真白なる瀬田の川原走り抜け吹雪ふいにおさまりて大津・・・・・

・・・・・この地より発ちたまいし吾が師よ我をこの地にて導きたまいし師よ・・・・・

・・・・・水色の空いきなりにひろごれる比叡の山に春きざしいて・・・・・

・・・・・望郷の吾が大津に雪なくて真白き比良の山並み目にしむ・・・・・

・・・・・逢坂の長きトンネルくぐり抜け山科の里に陽射し明るし・・・・・

・・・・・丸き山その木々の秀のやわらぎに京にも浅き春きたるらし・・・・・

・・・・・合戦の夢幻よ 竹群のただに明るき山崎を過ぐ・・・・・

・・・・・つつがなき身をぞ車窓に寄らしめて吾がありがたき命と思ふ・・・・・
[PR]
by dmm8649 | 2008-03-08 00:31