人気ブログランキング |

トータスマミーの独り言


by dmm8649

本当に在った 夢のようなお話 1

結論を ついつい先に言ってしまうのだけれど でも余りに素敵なので・・・・・
私が頂く藍のご縁は まさしく愛に満ちたご縁が 殆ど・・・・・

夜行寝台列車から乗り継いで到着したT駅に かねて約束してあったとおり
大切な仕事の都合をつけて O君が迎えにきてくれていた。
藍草にまつわる事のために ひたすら 我らが愛する吉野川をさかのぼる事一時間余り
首都でルーフガーデンの吹雪を眺めてはいたけれど きたかた(北部)の阿波の山並みの 
雪化粧は 清らかで すがすがしく美しい。 吉野川沿いから 神山(かみやま なんと良い地名・・)にむけて清流沿いに山に入ると ほたるの里で有名なところにつく。 
このあたりの地名は美郷(みさと)。 尋ねる人は 自給自足の生活をしている 
若いミュージシャンの御夫婦。 川沿いの慎ましく古い民家の軒先に 可愛い手作りの
看板を見つけて O君が楽しそうに ここですね! 着きました! 
紛れもない ひこさんが外に出て 出迎えてくれていた。

古びた御家を 全て手作りで 楽しくリニューアルしていて 友人達の協力で作ったという
かまども築かれていた。 ご飯も 煮炊きも 全てそのかまどで 拾い集めた薪でする由。
薪をいれるストーブひとつの居間なのに 少しも寒くない。 ひめさんが 私が寒くないように
懐かしい湯たんぽに熱いお湯を満たして 布袋に包んで足元に置いて下さった。
野草を乾燥してつくった御茶の こくがあって美味しい事! 自作の御米を粉にして
作ったケーキを出してくださったが これが又 ヘルシーで美味しい。 
by dmm8649 | 2008-01-26 22:12