人気ブログランキング |

パピヨン・・・・


何時もTさまは 奥深いお土産を下さる・・・・家族のきずなや財産に甘えることなく 自分ひとりの
人生を 海のかなたの地で 自らの手で切り開いてこられた・・・・にもかかわらず すさまじさを
感じさせず 日常の厳しかったであろう 大小の出来事への対峙の瞬間の積み重ね・・・ けれども
おそらく馥郁とした香りを放つまでに 見事な醗酵を遂げて T様の人格を形成している・・・
それが 背筋の伸びたひきしまった御姿から にじみ出ている・・・・。

EMというもので結ばれた御縁ではあったけれど しかも個性や人生の履歴でいえば おそらく
まったく対象的であろうT様との御縁・・・・どれも貴重な宝物の中でも 不思議な光を放つものの
様に思う・・・・。かなり年上のはずの私なのに 内容は 遥かに先輩なのだ・・・・。

いつも頂戴するおいしいチョコレート それにもまして 必ずといっていいほど頂戴する 書籍。
ドイツ語 英語でよみこまれたものの翻訳を 探してきてくださる・・・・。
今回は 日本の書籍で  田口ランディさんの パピヨン だった・・・・。
久しぶりにお出会いした時 私は お気に入りの あげはの蝶のペンダント と 髪飾りを
つけていた。 よく似合っているとほめてくださって 嬉しくなって つい じつは家紋がアゲハノチョウ
なものですから つい蝶がきになるんです・・・などとたわいもないお答をして・・・・。
あらまあ不思議・・・今日あなたにお渡ししたい本の題名はパピヨンなのですよ! 仙台へ移動する
車中でのお話・・・重いですから お別れするときにお渡ししますね・・・・と いつものように
行き届いたお気づかいをちょうだいする・・・。

それは 重量ではなく 本当に内容の重い本だった・・・・。
エリザベス キューブラー ロス・・・・お名前は知っていたが まだ 斜め読みをした程度だった・・・・
ポーランドのマイダネック強制収容所に残されていたはずという壁に爪で描き遺された あまたの
あまたの 蝶の幻影を追う・・・ ギリシャ神話のプシュケを語源とする 魂 の象徴とか・・・・
甘ったるい私の日常の中で 立て続けに向き合うことになった 人生の意味 と 死の意味 そして
ついこの間知った 最底辺の環境で必死で生きる膨大な数の子供たちのこと・・・・

一昨年のホリスティック医学協会の総会を兼ねた講演会に 一時帰国のT様をご招待したことが
あった。 その時の 講演者の御一人が 田口ランディさんだった・・・・。 ターミナルケアをめぐる
内容だったと記憶している…。 T様は見事に消化して受け入れていらっしたのだ。
軽石のように プカプカ浮気味の私の人生の終局にむかって きちんと向き合うべきものを
与えていただいているのだと思う・・・・・ 日々の仕事のベースとして 時間をかけて考えていこう・・・。
ありがとうございます、様々な御縁。 ありがとうございます、健康な日々・・・。
by dmm8649 | 2010-03-04 00:23