人気ブログランキング |

早春譜・・・・・・


背の君様に 単細胞というあだ名をつけられて 早くも半世紀近くがたつことに・・・・・
ずいぶん恥ずかしく思ってきたけれど 私は私なんだ・・・・と 自分を受け入れると・・・それは
横着ということになるのかもしれないけれど・・・とっても楽で まさにすべてが楽しくなってくる…
生きててよかった! 本当に 全てに有難う!!って感じになるのもそれこそ有難いことだ。
こんな気持ちになれることが 幸せなのかもしれない。

有難いことに 落ち込むということがなくなって 沢山の人に ほんとうは 凄い割合で
御迷惑をおかけしているのかもしれないナ・・・・と 時々反省するのだけれど
事に 個人的なサークル活動や 趣味の会ではなく 税金を使わせていただく大きなプロジェクトに
気が付いたらかかわっていた・・・・というと叱られそうだけれど 本当に まさか そのようなことに
なるとは 本心 思ってもみなかったことだ。 けれども 確かに夢ではあった・・・知れば知るほど
奥の深い藍草・・・・・本物を 広く 安く 海外にまでもお伝えしたい・・・・・と。

周辺の人達を まさに大嵐に巻き込んでの出張・・・けれども 車窓に過ぎてゆく 海 岩礁 山々の木々 
灌木 竹やぶ 水をたっぷり含んだ田園風景・・・・柔らかい光をはらんだ表情・・・
走り続けた後の目には 天恵の様にとけこんでくる・・・
菜の花畑のあざやかな黄色 紅梅 白梅のたたずまい・・・・出ては入る海辺のトンネルの中の
車窓に映るにこにこしている自分を発見・・・・緩急ないまぜの日常の中の これぞ 平安・・・・・
まことに ありがとうございます。 無事 一つの山を越えて帰社・・・・どれほど多くの方々が
かかわってくださっていることだろう・・・・ありがとうございます。 心より感謝申し上げます。
by dmm8649 | 2010-03-02 23:11