人気ブログランキング |

藍フアミリーの集い


一応の御正月休みが あける前夜の4日・・・ 暮れに思いがけず頂戴した 冷凍のズワイガニの 
なべ料理を楽しもうということになって 少人数だけれど 急きょ 我が家に工場長のD様も含めて 
懇親会のような ありがとう会のような 本当に カニさんと お豆腐 おやさいをざくざく切っただけの 
いつもの荒っぽい準備で集合・・・去年一年の なんとも運命的な?出会いが集合して 質素なお鍋を
頂く図は 私にとっては 御鍋から立ち上る湯気以上に ほのぼのと温かく 感謝以外の何物でも
なかった・・・。 自然にできた役割分担 自然に集まった 年齢の枠を超えた 人材・・・・・。
つくづく 御縁の不思議を思うことだった。

図らずも 交わした様々な会話の中で 痴呆老人の話が出て 若いN君が ボケてるほうが幸せかも
しれない・・・といった一言が重く胸にこたえた・・・・つまり今生の認識が飛んでしまっているほうが
よいという価値判断・・・それほど 今生は 辛いものに満ちているということなのだろう・・・・。
しかし 本来 そうであってはならない。 皆が 年齢相応に健全で 助け合う心のゆとりの
生まれる環境を とりもどしてゆかねばならない・・・・・。かかわる周囲の人たちも 出口のないような
介護地獄に落ち込んでいかないためにも・・・・そのためにこそ 皆が自然に寄り合い
まずはその一歩として この地方をどのようにしてゆくのかを 具体的に考えていこう 行動を
起こしてゆこうということを 改めて 確認しあうことができて 嬉しい食事会だった。
つまり 藍をかき回しながら 藍さんにおそわることは 決してあきらめないこと・・・・やりつづけること
小さなあぶくの赤ちゃんが やがて寄り合って 大きな見事な藍の華になってゆくこと・・・・・・・・・・。

今日も 次々に表情を変えてゆく藍さんと向き合いながら 藍の求心力のようなものを感じざるを得ない。
Yさんと 御正月あけ早々 はるばる実情を見に来てくださったH様O様・・・・研究のかなめとなる方たちの
実況に即したアドバイスは ありがたいかぎりだった。しっかり確認のとれたもの むだなようだけれど
これから繰り返して見つめてゆくこと・・・・。個々の能力や手柄も大切だろうけれど 力を合わすことの
すばらしさ・・・・。 すみ分け と 尊重。 それをつなぐ 信頼。

甘い とか 理想主義とか言われたとしても 貫くところは貫きたい。
思えば 徳島から あの社会運動家「賀川豊彦」氏が でておられる・・・・。
藍の次に この方を 学びたいと願っている。

様々な御縁に ひたすらなる感謝をささげます。 ありがとうございます。
by dmm8649 | 2010-01-06 01:48