人気ブログランキング |

足跡・・・・・・


栗ごはんのおいしかったことを伝えて下さった 教会からの絵葉書・・・それは 青山先生の祈りの
御本の中で とても印象的な一章のひとつと 同じことがつづられていた・・・

一人ぽっちで歩いているはずなのに 振り返ると 二人の足跡が残っている・・・・
神が ともに歩でくださっているのを強く感じて 心励まされるシーン・・・ 
けれども 人生のあまりにもつらい時に ふっと又振り返ったとき 足跡が 一組しかないことに気がつく・・・・
神はもはや 去ってしまわれたのか・・・・・ 
胸のうちに 神の言葉を受け止めるくだりは 何度読んでも ひたひたと寄せる渚の波のような感動を
覚える・・・・
愛するわが子よ 打ちひしがれている時 私は 御前を抱きあげて 歩んでいる・・・・。

四国は 八十八か所巡りで お遍路さんが多い。 最近は 歩きお遍路さんが 増えているように
想う・・・・。 編みがさ 杖 しろい遍路衣装・・・どこにも かかれているのは 同行二人・・・・。

人がただの一人で歩む時 とても象徴的なことだと思う・・・・。
この世に出現するときも 旅発つ時も どうあがいても 一人であることの現実からは逃れられない
その時に知る いわば 形而上の世界・・・・・ そこから 今生の三次元の 奥を感じるようになるのだと
おもう・・・・。 そのためにも 人は ふたごであっても 一人づつ出現するし たとえ 極端ながら
心中であっても 一人づつ旅立つという厳粛な事実を 受け止める・・・・。
そのことを 知るための 今生なのかも知れない・・・・・。

天とも神ともサムシンググレートとも・・・一言では表現出来ないような大いなる存在に 
感謝を ささげます。 ありがとうございます。
by dmm8649 | 2009-10-25 04:39