人気ブログランキング |

有りえないことが起こる 現実・・・・・3


十津川温泉の 露天風呂でサウナのミストのような 霧雨をみそぎのようにかけていただきながら 
ほのかに硫黄の匂いのする白くうっすらと濁ったお湯は 少々熱めで 上がった後 汗が滝のように
吹き出てくる なんともしっかり温まるお湯で 普段よりはよく歩いてくれた足を 錬堂さんご教示の
セルフケアーマッサージをしたりして これからの旅に備える・・・・。

Aさんの親しくしておられるこのお宿えびす荘さんは ガイアシンフオニーの龍村監督も Aさんの
ご案内でこちらに泊まられたようだ。 
玉置神社に心を尽くしておられるこちらの女将の 朝早くから山に入ってつんできて下さった 
山菜含めて ヘルシーな上に おいしくてしかも 盛り付けがまるで芸術作品のようで 崩してゆくのが
もったいないほどだった。 其の夜は 女性三人一部屋で 世にいう かしましい
はずなのだけれど 有難いことに 人のうわさ話に類することなど一つも出てこない。
どのように生きてゆくべきか これからどう在るべきか どんなお役目をになってゆくのか・・・・
Sさんのどこまでも奥深く しかも幅の広い洞察力 Nさんの聡明で豊かな感性に富んだ解釈・・・・
どのお話も 今の私にとって 有り難いものだった。

そもそもAさんとのつながりは 一冊の 或る神道にかかわる 貴重な御本と 藍染めだった。
以前 断食でお世話になった折 あとでわかったのだけれどかねてよりAさんと親しかったSさんから 
今はとても忙しくて読めないから 先に読んでねとわたされた その一冊の紫の布表紙の御本
(出所は なんと実はAさんだったのだ・・・・!)。 
浜本末造という方があらわされた「万世一系の原理と般若心経の謎」という 非常に難しいのだけれど 
読み飛ばせない大変内容の重い 書物・・・。いきなり何故このような書物が私のもとに来たのか
とにかく 行きつ戻りつして 読み込んでいくとものすごいスケールのもので いわゆるオカルトだとか 
そのようなレベルのものではなかった・・・。 あまりにも内容が濃いので 錬堂さんに目を通して
いただきたくて回送・・・ ARさんにまわり 私経由 Sさんの手元にもどっていった・・・その間ARさんは 
藍染めのけんで 以前から親しいAさんと私をつないで下さったが
SさんとわたしのつながりをしるよしもないAさんにとって なぜあの稀有な本が 私のところに
まわったのか不思議でたまらなかった由・・・そして今回 それにまつわる 大切な神社 玉置神社を
Aさんの心のこもったご案内で 急きょ回らせていただくことになったのだった。
御縁は まわりまわる大小の円環のよう・・・・。

 
by dmm8649 | 2009-06-29 00:58