人気ブログランキング |

くぐもりの 笛


水無月に入って早くも二日・・・・・あたりの空気は たっぷりと水気を含んで いかにも日本の雨季の
近さを想う・・・。

さすがにほっとしたのか 無性に 笛の音が恋しくて 夜の事務所の片隅で 歌口に息を入れてみる・・・。
何とか 笛らしい音が出てくれて嬉しい・・・・。楽譜もなく 暗譜できるほどのものもなくて 無手勝流の
息の音への変換・・・・。それでも おぼろな記憶をたぐって 大好きだった「むらさき」など たどってみる・・・。

これも この町の いわば啓蒙活動・町おこしの一環としての 文化活動のおかげだった・・・。
私が 笛を手にできるなんて・・・・。背の君様には さんざん 火吹き竹やで・・・聞こえんとこで
ふいてくれ、へそがこそばゆいわ・・・などと ちゃかされたけれど 何か月かすると 不思議なもので
音らしきものが出てくる・・・・。嬉しくて 嬉しくて ちょうちょう や 結んで開いてなどの 練習曲を
吹き重ね・・・いつか 荒城の月 や はては 六段・・・春の海・・・・とにかく のめりこみタイプの私・・・・。
このような 野中の一軒家みたいな環境だからこそ 許されたことで 街中のマンションでは
どんなに上手な人でも かなわない夢だったろう・・・・。なにしろ 幸せなことだった。

笛の合奏も なかなか楽しい・・・ そんな中で 地元の連に入れていただいて この地から観光バスで
市内へ出向き あでやかな女性群 いなせな男踊り群に続いて 鳴りものはお揃いの浴衣に ぞうり 
男衆姿よろしく 帯を腰丈低く引き結び ひょうたんをぶら下げて いわゆる踊りこみに参加した 楽しさ・・・・。あの 映画「眉山」ではないけれど 街中が熱気の渦の中 藍場浜や紺屋町の桟敷の前を練り歩いたり・・・
そごう連にも入れていただいて 有名な娯茶平連に教えていただき 正調とは異なる 独特の
装飾音を持つ ショーにふさわしいよしこの・・・・ 吉野川という 味のある曲・・・駅前のそごうのデッキで
観光のお客様へのサービスに 繰り広げた 阿波踊りシーンもあったっけ・・・・
そんな楽しい思い出を頂戴できて ありがたいことだった・・・・。 

こうして目をつむると 本当に越し方の 楽しい風景が 次から次へと浮かんできて 有難い人生を 
歩ませていただいていると つくづく思う・・・。小林正観さんではないけれど 何一つ 私の力で
できたことはない・・・・ただただ 有り難いことばかり・・・・本当に ありがとうございます。
by dmm8649 | 2009-06-02 22:31