人気ブログランキング |

花嵐すぎてあふるる若みどり・・・・・


一日がとても足りない などと ともするとかめのくせに 羽もどきをばたばたさせている・・・・。
深呼吸 深呼吸 と ほんとに四六時中唱えていないと すぐ駈け出している有様・・・・。
やりたいことが沢山あって やるべきことも 山積みで・・・・。

でもまず 健康でいさせていただいていることに 感謝、 次々に巡り合うことに 感謝。
沢山の 一緒に走ろうとしてくださる方々に 感謝。

先日は 仙台からいつも箱をあけると ぱーっと これがエネルギーというのだろうか・・・イキイキした
力を感じる そんなお野菜が届いた。 筍を毎年贈ってくださる方からは 朝掘ったばかりのものを 
宅急便で夕方には届けて下さった・・・・。 今日は 京丹後からEMのお米が届いた。 長年懇意にして
頂いているご近所からは とれたてのブロッコリーとレタスが届いた。
只只有難くて 背の君様と 手を合わせて頂戴している。 恐らくこれらの素晴らしい生命力に
養って頂いているのだろう・・・・。

ものを育てるのは それがお野菜でも お米でも お花でも そして染色に建てる藍でも どれだけの
愛情をかけたかで 応えが返ってくるような気がする・・・・・。 
一生懸命お世話をしていると 例えば 葉の色や土を見ただけで 何を求めているのか分かるそうで 
その命と対話できるようになるのだろう。
藍師の新居様 染色家の原田様ご夫妻とお話していても それを感じる。 感動したのは 「こちらが
寄り添ってゆく心」なのだそうだ。  ただ現象だけを追求していても ハプニング続きで 理屈では解決
できない事の方が多いようだ。 何事も 深いものだと 感じ入る。 長年土と対話してきた方々 木々や
海とかかわってきた方々 本当に深いお話が多い・・・・。  生きた哲学を お持ちの方々だと思う・・・・。
畦道を 生き物たちをできるだけ踏みつぶさないように 飛び跳ねるように歩いていらっしたT様の
日焼けした頑丈なお姿が ふっと頭をよぎる。

いつだったか 何の小説だったか記憶も朧ながら 山村を舞台に 一人の老婆の生涯をつづったもの
を読んだことがある…貧しく なにも大きな変化もなく 営々と続く時の積み重ねの中で 雲 風 木々
谷川のせせらぎ 鳥 様様の小動物たち 生活のために山を下りて行った家族や 知人への温かい
まなざし・・・それらの中で 彼女の深い人生観がはぐくまれ 何の宗教でもない彼女の まるで
シスターのように暖かく しかも澄み切った心境に至るという・・・・ヘッセではなかった・・・
日本の作家のものだったと思う・・・不思議に心に残っていて あこがれのようなものを抱いてきた・・・・。 
見聞を広めること 学問の研鑽を積むこと 幅広く豊かな人脈を持つこと・・・・うっかりすると 
深くしているつもりで 狭く小さくなっていることがあるかもしれない・・・・たとえば 悟りたいということも 
欲望の一つかもしれない・・・・。

淡々と 心をこめて 目前の土や 水 木々 それこそ 藍の今在る状態と向き合う事で きっと何かと
つながるのだろう・・・・。あるいは 神秘主義と紙一重かもしれないけれど 自然の一部である人間の私 
やはり大いなる自然を通して 見えざる力に つなげて頂いているのだと思う・・・・。

今日も ありがとうございます。
by dmm8649 | 2009-04-23 01:06