熊本 から 川内 へ

c0147261_2116264.jpg


殆ど 猛スピードに近い形で 様々な事が 変化してゆく この連日・・・・!!

九州のことも 未だ整理できていないまま 走り続けているので 深呼吸しなければと・・・・
今夕 明石海峡の見事な夕焼けを見つめながら 思えば年末と金曜日と言う条件の故か
折々道路渋滞の続く中 帰ってきた・・・・。

熊本の 心身共に見事に背筋のピシッと伸びたS様に お会いでき 錬堂様たちとご一緒に
大変貴重なお話をお伺いした翌日 再び 一人でお宅へお訪ねして 大切な「和綿」の種を
頂戴することができた。 御自身で筆写された 美しい筆跡の 暖かい綿布にまつわる
漢詩のコピー や 般若心経の 本来神道に連なるものという貴重なコピーも頂戴した。
偶然ながら 12月1日にお訪ねしたことにも とても意味がある由で 大変喜んで下さった
事も印象に残った。 その午後 かつて 藍染をたずねてはるばるうちへ来て下さったFさんの
ギャラリーのある川内(せんだい と読む)へ 急な事ながら 足を伸ばした。
熊本から さらに鹿児島の方向へ行くのだが 八代で その向かいの新幹線に乗り換える。

車中でも ホームでも 駅前でも なんて人が明るいのだろう・・・!
ことに 私と同じ御年頃の女性の方々が 人懐っこく話しかけてくださる・・・!
余り他所では経験しなかった事だ。 にこっと すてきな笑顔を 沢山頂戴した。

お客様の応対の間を縫って 作務衣に赤いバンダナ姿のFさんが お迎えに来て下さった。
何度も 一度来てください 泊まってくださいと 暖かくいってくださっていたものの
ここ数年 九州に 私自身のご縁が なかなかいただけなかった・・・。
建築屋さんに建ててもらったものの ほとんどご自身の作品といっても良いほどの
熱い思い入れのギャラリーに 私共のものも 少し並んでいて 面映い感じがした。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-19 21:16