人気ブログランキング |

旅立ちの朝

c0147261_20585574.jpg


毎年のことではあるけれど 急速に冷え込んだ 早朝5時に 背の君様にとっては
まぎれもなく娘のように思っていた 実習生の三人が 西安にむけて帰国の途についた。
おおかたの人が 子供さんを置いての三年間の勤め・・・・私だったら出来ただろうか・・・・
皆勤勉で よく助けてくれた・・・・。 残る 二年生 一年生 つい最近入国したばかりの
三人は ことに 懐かしい家族のことを ひしひしと思い出すのだろう 一番涙ぐんでいて
これからの三年間の不安が よぎっているようだった・・・・。 出稼ぎと言うのは 本当に
大変な事だと思う・・・・。 生産労働に 殆どの若者が従事しなくなってしまった今の日本・・
これを助けてくれているのは 中国や 東南アジアの 若い人達なのだ・・・・・。
何時の頃からか 仕事が終わって 寮にかえる人たちを 毎日玄関で送る背の君様・・・
皆嬉しそうに 背の君様と 手をタッチして サイチェン バイバイ オヤスミナサイ・・・
あの子らががんばってくれるから わしもがんばれるんやなあ・・・・ 
毎日曜日 町営の温水プールに行く背の君様に 時折 娘さんたちがついていく。
すじのいい子もいて 泳ぐチャンスの殆ど無かった彼女達 上手に泳げる子も出てきて
その物怖じしない 積極性に感心している・・・・。
今朝かえっていった子たちも なかには 泳げるようになって帰った子もいる。
ささやかな交流だけれど 又ここに来たいよと涙ぐんでくれると 私達も 涙が滲んでくる・・・
でも あたらしい御家を建てたり 大切な一人っ子さんの学資になったり 一族郎党の
うるおう資金になったり・・・・手を振り続けながら 次の新しい生活シーンが 胸の中で
輝いているのではないだろうか・・・・・。 長い 船旅、 奥地の西安にかえりつくまでには
まだ4~5日 かかるだろう・・・・・。たってしまえば 早い三年間だけれど 毎日その一日は
どんなに長かっただろうと思う。  ありがとう 皆! ご苦労様でした!!
後一年 二年 そして三年 がんばってくれる皆 元気に楽しくやろうね!!
by dmm8649 | 2008-10-28 20:58