トータスマミーの独り言


by dmm8649

<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

つくよみの鏡・・・・・



27日の土曜日 商工会からのお電話で 夜7時からの IT ネット販売の勉強会に Aさんと
でかけた。 郡内で ネット販売にたずさわる方たちとの 出会い・・・・ほとんどが 若い方たちだけれど
確かに時代を感じる・・・・ もう かつてのように 一軒一軒小売店さんを訪ねることも 問屋さんを
回ることも 余りいらなくなるだろう・・・・・。というよりも ほとんどその様な状態になっているのだろう。
ネット販売のページ作成のお話の中で 講師先生が 売り手の心をいかにはずすか・・・・・
買い手の心情を 想像してみる・・・・・その大切さをおっしゃった。
物つくりやは  つい 自己主張が激しくなる・・・・この作り出した物の値打ちを わかってほしいのだ
それが押し付けになり かえって 人に伝わらなくしてしまう・・・・・。
理屈ではわかっていても 一生懸命物つくりをすればするほど 語りたくなる・・・・。
基本的なスタンスを 改めて思い出させていただけた。

キャパシティの狭い私には 毎日が 溢れるばかりで 勿体ない取りこぼしが 沢山あるに違いない・・・
とても追いついてゆけないほどの 様々な情報の中で 水のごとく身に合うものがそれなりに
染み込んでゆくのだろうと思う・・・・。 それらが やがて 透明になるまでに・・・・・

久しぶりに 外に出て仰ぐ夜半の月は 花冷えの中で 秋を思わすほど こうこうと照り渡っている・・・
それこそ 表しきれないほど沢山の 頂戴している御縁の中で 育てていただいている有難さ・・・・。
今日も 仕事の合間を縫って 沢山の方と お話しすることができた幸せ・・・・・。
月のカレンダーをみると 今夜は満月なのだ・・・・・。

さあもう一息頑張って明日送り出す 展示会の荷物を作ろう・・・・・・・。
生涯現役の夢を 見守ってくださっている満月に そっと手を合わせて・・・・

この平安の向こうに 今日もぎっしりとあった モスクワのテロや あまたの悲しみ 苦しみ 恨み
・・・・飢えや病や内乱で 息絶えてゆく人たち 五体を損なわれた人たち・・・・
何年この世に生き継いできても どうしたらいいのだろう・・・と うなだれてしまう私を 満月の
光が 一瞬刃のように光って たしなめられる心地がする・・・・。
これらも傲慢の一つだと・・・。今日ライナーさんから届いた絵葉書は 竜安寺の有名なつくばいのもの
「吾唯足るを知る」と・・・・。 ひたすら 今在る事に感謝して 今を尽くして生きよ と・・・・・。

ありがとうございます 満天全方位に 感謝を捧げます・・・・。ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-31 00:14

花冷えの中で・・・・・


ここ数日 一枚着るものが増えた気がする・・・・

そのような中でも 女王様の八重桜の樹は一斉に芽を吹き出し 数日のうちに
かわいい紅のつぼみが のぞきはじめ 絡み合わんばかりに枝を伸ばしている枇杷の
沢山の果実の赤ちゃんが すくすく育ち始めている! その脇で どこか王者の風格を
漂わせて パワフルな柔らかい若芽が しっかり天を指して芽吹きの始まった無花果・・・・。

高尾先生がご手配くださった いのちのことば という 素晴らしい小冊子が なんと
同じ四国島内 新居浜市・・・・・伊予の石をかけてであろう・・・いよのいしさんから届いた・・・・。
あのセレモニーでは 讃岐の古代の石・・・・サヌカイトの 澄み切った音色を聞かせてくださった方が
いらっしたけれど 偶然ながら 四国という島の 奥深さを感じる思いだった・・・・。
この地で 藍に携われる不思議・・・・。選ぶというよりは 与えられたというほうが 合っているような・・・
改めて 有難い想いに満たされる・・・・。

今朝は 本格的にお米作りが始まって 多忙を極めるYさんが 10分でいいから見てほしいものがある
と 軽トラで御迎えに来てくださって 昨秋から藍の試験栽培などをしていたハウスに行く。
ハウスに住み着いているクロネコちゃんの御挨拶を 久しぶりに受けて 中に入ってゆくと・・・・・
農協から一時預かりで入った早苗が 見渡す限り・・・・・。4月早々から始まる 田植え作業を
待っているのだ・・・。これだけの苗代をみるのは 初めてだった・・・。びっしりと一面の美しいさ緑・・・・
毎日 お水やりだけでも 朝夕 一時間づつはかかるという 誠実なYさんに守られて
それぞれの農家の田植え作業の始まりを待っている・・・・・。
Yさんは 一つまみの早苗を 私の手に乗せてくださった・・・・まああ・・・一粒のお米粒からしっかり
伸びだしている稲の赤ちゃん・・・・・。
ここまで 具体的に しみじみ眺めた事はなかった・・・・なんて いとしい・・・・・。
これが 私たちの いのちの糧・・・・。
植木鉢にビニールを敷いて 余っている花の土を入れて 田んぼのように 水がいつも満ちている
状態にして 育ててみるといい勉強になりますよ と その何本かを頂いて帰る・・・・。
早速 植木鉢に 束を分けて植えてみた・・・・・。
理科の観察教室にでも参加しているような・・・・有難く 嬉しい体験・・・・・

ありがとうございます。 本当に幸せに思います。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-30 00:13

LAKE BIWA CEREMONY で いただいた御縁の一つ S青年との御縁・・・・
今朝は あの著名なロッキー田中さんの写真集と 見事な富士山の絵葉書集がとどいた。

人生の次なる道を求めて 今はフリーで 充電中の彼、 かつて四国でも 仕事で走り回った
ところだそうで よく 地理を知っていてくださった。 自ずから 忌部氏の話を聞いていただきたくなり
林先生の御本を送っての事だった。 それが 彼の求める情報なのかどうかは 別として
また最近 かつての私の病気が出つつある・・・・・。
あせってはだめだよ・・・・おしつけはだめだよ・・・・・深呼吸して伝えるのだよ・・・・・
でもやっぱり メールに書きこんでしまった・・・・・。

青山圭秀先生の事 町田宗鳳先生の事 安田喜憲先生の事 プラス 錬堂さんの事・・・・。
高尾征冶先生の事 ブルースリプトン博士の事・・・・・・。

もうどっさり情報は持っている人達なのに 自分の感動を押しつけてしまう・・・・・。
送信してしまってから しばらくは またやっちゃった~・・・・ゴメンナサイ!!


4月早々 大阪での 久しぶりの展示会・・・その準備を 先日代理で飾ってもらって 無事
終了出来た 徳島県福祉機器展の展示物の整理をしながら すすめる日曜日の午後・・・・。
そう 染みいるような インゲボルグさんの 世界の祈りの言葉のCDを聴きながら・・・・・。
加藤登紀子さんに どこか通じる声音・・・・・一緒に口ずさみながら・・・・。
あのめまぐるしい 実験と検証 記録をとり続けた日々が 夢のよう・・・・。
今この一段落を 次のステップへの 有難い中休みとして 楽しませていただこう・・・・。

ありがとうございます。 ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-28 16:28

朝の虹・・・・・


お~い 虹やで・・・・・虹がでてるで~ まだ 朝の身じまいをしていた私 ワンチャン達の朝の散歩を
すませて 戻ってきた背の君様の声に あわてて外にでてみた・・・・ だいたい虹は 半円形に大空
にかかるとしか思っていなかったので オーロラの一部の様に まさに頭上に 円環の淵の
一部のような虹というのは 初めて見せていただくものだった・・・・!
急いで家に飛び込んで いつも夜は充電してある食卓の携帯を取ってきて 写メに収める・・・・。
のぞいてみたら 写っていました!!

とっても嬉しかった! 古くから 希望のしるし とも 吉兆の現れとも モーゼではないけれど 神の
約束のしるしとも・・・・・・。
背の君様までが なんぞええことあるんかいな・・・・と 期待をこめている・・・・。
ええ 毎日 良い事がいっぱいありますよ! ほら こんなに元気に生きていて 朝ごはんもこんなに
美味しくて・・・! 有難いことが一杯ありますよ・・・・・!! 

ありがとうございます。 ありがとうございます!
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-28 10:12

今朝のメールの第一信は サンフランシスコからだった!
美しい桜風景の写真の添付・・・・。 Dear Mother・・・・・・に始まって・・・・・!!

ベルギーといい ドイツといい 小さな私のノートパソコンに 一瞬につながること等 おそらく 
明治の祖父母の時代の驚きと 同じことを味わっているのだろう・・・・。

文明の進歩は やはり有難いものだ・・・・・。 電磁波など それなりの問題はあるけれど
また 対応策もあるわけなのだから・・・・。 いいとこどりの ご都合主義といわれても
享受すべきは 有難く享受して活かしてゆき それこそが 世界をつないでゆく 大切な具体的
手段の一つなのではないかしら・・・・。今や 備えれば 日本語で文章を作成しても ほぼ正確に
翻訳して送受出来る装置も あるらしいい・・・・・。

WATERも 人と人をつないでゆく 輪の一つ・・・・・
シャンティの絵本の活動・・・・ アジアの子供たちをつなぐ、あの ごみの山やマンホール・・・
ストリートで 生き抜いている子供たちへの応援活動も・・・・・

がんばって語学を勉強しなければ・・・と思うのだけれど ふっと 今朝感じた事・・・・・
瞑想の深みで ひよっとしたら 自然につながるかもしれない と・・・・・。

伝説によれば バベルの塔などの 人のおごり昂ぶりが 人種によるコトバを分けた・・・・と
音楽や絵画は 完全に 国境がない・・・・・いわば それの発するVibrationが KEYだと思う・・・・
言葉を介さずともつながる そんな時代が もっと 精神的に 健康で愛情に満ちてパワーフルで
あれば 必然的に来ると思う・・・・・。

まさに有難い時代に 活かしていただいていると 想うことだ・・・・・。 誠に ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-27 14:35

長い間 自分を愛する ということが 理解できなかった・・・・
やっと最近 それがどういうことなのか 分かり始めてきた・・・・・

自己嫌悪は けれども 決して自己否定ではない・・・・・
自意識過剰こそが 自己嫌悪と 見事に背中合わせ・・・・

自分を愛せなければ 人を愛することはできない・・・・
人を愛することができるようになった時 自分を愛することができるのだと・・・・・

自分という存在に感謝できるようになった時 自分への愛を まっすぐに思えるようになった・・・
それは 青い鳥が自分の手の中にいるのを知った その時・・・・

本当に 神様は思い通りにしてくださる・・・・。
私って 奇人変人・・・! 真善美に程遠い愚鈍人間・・・・そう思っていたら その通りになった。

そして今 生きているそのことが 輝いていることなのだと 感じられるようになって 
自分にしがみつくことがなくなったら とても楽になった・・・・・

私の中心はまぎれもなく 天に通じ地をむすび・・・・・
私という存在が 何億と この水惑星の上に存在する・・・・・一体感・・・・・

ありがとうございます。 ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-26 23:17

花冷えなのだろう…冷蔵庫のドアーを開け放したような寒気が漂っていた 昨日・・・・・
それでも 女王様の樹も いちじくも 柔らかい芽をいっせいに吹き出し 自然の営みの素晴らしさ・・・・

里山で一生懸命練習してきたらしい鶯さんが しっかりさえずって 枝から枝へ朝の散歩?を
楽しんでいる・・・・・このような朝を楽しめる 有難さ・・・・。

メールをあけたら 一番が あの東京のドイツの方 R氏からだった・・・本当に 良いセレモニーだったと
共感をともにする・・・・。

あの内容を消化するには 私の小さな器では かなりの時間を要すると思うけれど
醗酵という 嬉しい言葉が有る・・・・時とともに 私なりのものになってゆくのだろう・・・・。

立て続けに懐かしい方からのお電話を頂いたり・・・それがまた 貴重な情報を含んでいたり
励まされたり・・・・有難いことだ・・・・。

Sさんは この5月 走りまわった工面が実って 神渡先生のアッシジ巡礼の旅に出かけるそうだ。
いつか一緒に行こうね~ありがとう 私も 行かしていただけるときに 行けるだろう・・・。

林先生から 帰りついて一番に 雲南省の視察の旅から戻ったという 熱い御報告を頂戴した。
忌部族をさかのぼる旅・・・・今生の 人の歴史の 素晴らしいロマンを秘めた 一つの具体例として
このことにかかわれる幸せを 深く 想う・・・・・・。
Sさんとの会話から いよいよ 安田喜憲先生が 徳島の地で 林先生と交流してくださるのも 
近いだろうという 確信のようなものを感じる・・・・。

春は 新たな生命の誕生と 次への出発の時でもあるな・・・・と つくづく感じる・・・・。
昔 春は本当に心寂しかった・・・秋とは違う悲しみのようなものを 感じていたのを思い出す。
何かを それなりに芽吹かせるためのものだったのだろうか・・・・。
ヘッセを どこかで重ねていたように 思う・・・・・。 それが 朔太郎の詩の世界にも 
触れていたのかも・・・・。

本当に 時間は無駄には流れない・・・もっともそれは 三次元世界でのことだけれど・・・・
今ここにあることこそ それらの醗酵の結果だと 有難く思う・・・・。

様々な 悲しみ や 苦しみだったと 表現せざるを得ないとしても それこそが 素晴らしい 
醗酵促進のお役目をしてくれているのではないかしら・・・・一生懸命苦しみ 一生懸命悲しみ
時々たちどまって一生懸命考える・・・一生懸命感じる・・・・やがて 確実にそれが深い喜びに
変換していることに気がつくのに 私は こんなに道のりと時間を要したけれど それを
恥ずかしいとは思わない・・・人それぞれだから・・・。そして今 こんなに輝く健康も 頂戴している。

ありがとうございます。 関わって下さったあまたのあまたの方々 万物 諸霊諸生命・・・・・
ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-26 11:12

ビッグ イベント 3


整然とした 現代の物理学や生物学の最先端が 美しい調和に満ちて 高等数式を超えて
腑に落ちてくる不思議・・・・・。

E=MC2・・・・・アインシュタインの相対性原理の式の表す意味が 理詰めでなく
感覚として腑に落ちてくる・・・という 不思議・・・・・。

生きとし生けるものの その芯を貫く ゼロ点螺動理論・・・・・。
本来は そこはきっと ゼロ磁場・・・・・全方位に 集束と拡散はおこなわれていて・・・・。

大宇宙も小宇宙も 確かに 呼吸をしていて・・・・
壮大な鼓動 極微の息吹・・・・・。

私もあなたも 本来 光だ といわれると これも実に素直に 腑に落ちる・・・・。
皆絶え間なく振動する光・・・・・ミクロからマクロへ・・・マクロからミクロへ・・・・。

例えば 大宇宙の中の 星の誕生と滅亡が 電子や陽子の動きの世界と 酷似するという・・・・・
足立さんも 中性子 陽子が意思 や 知性持っているとおっしゃっていたと思うけれど・・・・・・

精神と肉体を 平等に与えられて 今 ここに 集った人達・・・・・。
正や悪 闇と光 ・・・・・あらゆる二元性・・・・・それらを超えて 結ぶ 黄金律・・・・。

第一日目の水の日は どうあがいても きちんと表現出来なくて 自分の感覚?で
ふっと納得する そのような・・・・・・・・・・・。

けれども 各国の人が そのお国の言葉で 一言づつ 感謝と平和への祈りをささげ 唱和するとき
なぜ あのように 涙が滴り落ちてきたのだろう・・・・・。

だからワンネス というのは 余りに単純かもしれないけれど 在ると思う垣根も ないと言えばない。
祈りは やはり 感謝で なにかを乞い願うことではないと これも 改めて 納得した。

小林正観さんや 沢山の人達が ありがとう つまりは それこそがすべてと言われてきたのも
やはり すごいことだった・・・・・・と 改めて感じたことだった・・・・・・

まことに ありがとうございます。  ただただ ありがとうございます・・・・・。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-25 02:32
22日 イベントは 素晴らしい エネルギーの盛り上がりを見せて 終了した。

今回は いつもよりも 御縁を沢山頂戴することになった。
しかも 海外の方も3名・・・・・。
初日 二日目 と 東京からいらっした ドイツ国籍の 日本語の達者な会社経営者Rさん
サンフランシスコのM青年・・・どちらも 藍染めにびっくりするほどの興味を示してくださった。
メル友になりそうな方たち・・・・・。もうお一人は ベルギーのインゲボルグさん・・・・。
とにかく 英語の学習をしないと……。 でも ありがたいことだ こんなにワクワクする人たちに
お出会いできて・・・・・。

民族の垣根 国境の垣根を こえられる・・・・そんな実感がひしひしとする。

三日間の講演含む セレモニーは 科学 芸術 文化 宗教 あらゆるジャンルから
あらゆるテーマに 光を当てて すべては 根底でつながっていることの 大確認だったと
いえる・・・・・。 有難いことだ 本当に 有難いことだ。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-23 00:49

The firstday of The big ceremony ”Water & Peace Global Forum 2010”‘s
Thema  is Wind, the second day is The Sun and the third day is Water.


懐かしい琵琶湖の そのすぐそばで開かれた このように大きな会に 参加できて つくづく幸せだと
天にも地にも感謝する思いだ・・・・。
毎夜 遅くなるので 記録する時間が取れないけれど 毎回同時通訳の講演をうかがっていると
世界共通語が 英語なのだとつくづく 勉強の必要性を感じてしまう・・・。
交流をはかるには 言語は 片言にしても 必要だと身にしみて思う。

さかのぼる記録になるけれど じつは 今夜は もう三日目の夜半・・・・。
明らかに 瑞々しいパワーを 共有させていただいたと 思う。

夢は 行動に移さなければ 何時までも どうにもならない・・・・。
三日目に 講演してくださる 比嘉教授も 江本先生も 海外のほうが 有名でいらっしゃる。
その江本先生の 世界平和を願う活動の根底が あの 水からの伝言・・・・・。
海外から 次々に招へいされて この数年 行脚してこられた その一つの 成果と これからが
おそらく 本格的な 活動につながるのではないかしら・・・・。

ロシアの物理学者 コンスタンティンさん アイスランド出身 ヒーラーのグッドニーさん 
オランダの歌手マヤーナさん 台湾から唯識科学研究所の林さん 台湾からの 僧侶 マオセンさん
ベルギーの国民的歌手 インゲボルグさん イギリスの ジャーナリスト マクダガートさん
アメリカの映像アーティスト ウイリアムスさん 同じくアメリカのヒーラーー エリックさん
ノルウエー王女マッタ ルイーゼさん 誠にチャーミングな司会をつとめあげた オーストラリアの
ヨガインストラクター セーラさん・・・・・。 第二回の時には 多少とも積極的にお話ができるといいな・・・。

企画され 会場の手配から 何よりも これだけの出演者の方々の交渉 広報 開催 進行 
お世話役 どれも大変だったと思う・・・開いてくださってありがとうございました。
会場と一つになって 国内外の方々と お話を聞き 感動を共有し 一緒に 初歩の気功を
したり 平和と愛の祈りをささげたり 手をつないで英語で歌ったり・・・・・
細胞の隅々まで 元気を頂いた気がする・・・・ほんとうにありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2010-03-22 03:10