トータスマミーの独り言


by dmm8649

<   2008年 12月 ( 66 )   > この月の画像一覧

c0147261_21181249.jpg


31日夕方 息子殿夫婦が二日ばかり 久々のご帰還ということで 差し迫っての
大掃除を開始していたら 携帯に 娘殿が牟岐線の汽車に乗ったというメール!
背の君様も私も お年玉をもらったような気がする。  なにしろ ご多忙人間ばかりで 
二年ばかり皆さん帰宅はしていない。 やっぱり 正直 嬉しいものだ。
念いりな大掃除はとても無理なので 片目をつぶっての御掃除をして みんなの居場所を
作る事に集中。

ささやかなご苦労さん会をしようということで 夕方 近くの宿泊施設へ 大きい御風呂と
食事を楽しませてもらいにでかけた。
じっくり御湯につかり 久々の娘殿の話も聞いて 楽しく美味しく 夕食を頂いた。
外にでると 玄関におおきな対の松飾が できあがっていた。
御正月が目前なのだと やっと 実感した。

あと一日 できるだけ 片付けに集中する。
あすの夕方は 皆で 隣町の本格的な温泉へ 出かけようと言い合っている。
この平安に 心からの感謝をこめて 皆様ほんとうにありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-30 21:18

嬉しい 贈り物

c0147261_17441182.jpg


天橋立に近いT様から 自家製の美味しいEM米と 大好きな あのオカノリが
届いた。 今年 沢山の種を購入しながら 御仲間達に送るばかりで ついに
育てるようにはならなかったので 残念に思っていたのだけれど T様の畑の
いきいきしたオカノリさん! 早速 鍋焼きうどんにたっぷり山盛りに刻み入れ
楽しませていただいた。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-28 17:44
c0147261_17425414.jpg


一応27日が仕事納めとなっているので 御世話になっているところへ ご挨拶に
伺おうと 車をおりて見あげた空が とても楽しそうで つい 1ショット。 
高度の違うところで それぞれの雲が 動きあっている。 
やはり南国の空は 明るい。 光の輝き方が違うのだろうか・・・・。
日めくりが後数枚となり 短い足で走り続けてきて 新年を迎えるというのが
嘘みたいに思える。

それでも確実に 時間は進んで行き 平成21年が もう 間じかだ。

ありがたい一年だった。 沢山のご縁を頂き 沢山の計り知れないものを頂いた。
自分の足で歩けて 山さえも登れて 物も持てて めがねは要るものの物は見え
においもきちんとかげて 御味も分かる どこが痛いでもなく 苦しいでもなく
満足な五体を頂いて 美味しくご飯も頂戴して ぐっすり眠れて・・・・。有り難いことだ。

どれだけ沢山の方に 御世話になったことだろう!
この年も 自筆の年賀状をまだ一枚もかけていない・・・・。
12月35~6日頃に書く事になるかもしれないが 無事に この年の瀬を越えられることを
背の君様共々 ただただ ありがたく思う。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-28 17:42
c0147261_22154061.jpg


はからずも一晩体験する事になって 昔勉強したはずの ユニバーサルデザイン
が 当たり前の物としてもっと日常のシーンに入ってくる事の大切さを思った。
特別の物ではなく 融通の利く 暖かい配慮のある物 と言い直せばいいのだろうか。
おそらく日本が一番発達したであろう 機能付トイレも もとは 米国での病院用が
発達したもので 今では 海外の方にとっても お金ができたら一番に欲しい物の
ランクに入っているという。 着る物の勉強を ユニバーサルフアッション協会の事務局が
銀座にあった頃 しばしば夜行バスで通って さまざまな講演や講義を伺ったが 
日本の着物含め 民族衣装は 既に立派なユニバーサルフアッションだと思った。
ライター 始め 福祉用具として生まれながら 日常の中に その便利さ 優しさで
しっかり溶け込んだ物は少なくない。
現在 ぐーっと楽シャツ はじめ 様々な福祉衣服も 時折作らせて頂いているが
昔 頭をひねりながら作成したパンツよりも 便利でかっこよいものが 日常のパンツ
ことにスポーツウエアーに 浸透してきているし 素材においておや・・・・・。

感謝が全てのベースだと つくづく感じる昨今だが 相手を受け入れ思いやる温かさ
が着物や民族衣装に残ってきているのではないだろうか・・・・。
「共生」が やはり 根本姿勢なのだろう・・・たっぷりお湯を張った湯船で
やわらかく暖かい湯気に包まれて しっかりバーにもつかまって 和綿や藍染の風景 
棚田でそだつ藍草などを ぼんやりと思い浮かべての 幸せタイム だった。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-27 22:15

行脚

c0147261_2214024.jpg


林芙美子さんの放浪記で印象に深い地名 尾道 おだやかで光に溢れた
尾道から山陽道をひた走り 広島のSさんのお宅についたのは3時近かったと思う。
人脈のゆたかなAさんは Sさん宅に向かう峠を越え住宅地に入ると 見たことがあるね~
と連発。 後でSさんを巡る人脈と Aさんの人脈の輪が沢山重なっていた事が判明。
小林正観さんや ガイヤシンフオニー そして平和や人類愛を熱唱する 多くのミュージ
シャン・・・。 やっぱり 一生懸命活動していらした方の輪は ちゃんと繋がっている。
そしてこの日 さらに輪が広がる事になった。

Sさんのご縁で 先日広島での縄文塾でお目にかかった 広島大学脳外科の博士の
ユニークなお話をお伺いする為にうかがったのだが その貴重なお話を 家族全員でも
伺いたいと 御仕事のお休みをとって 皆様も参集していらっした。
眉も白く 神官のような風貌のM博士 ご高齢にもかかわらず ほんとうに頭脳明晰で
その詳細な記憶力と思索力は 凡人ではないと 感じ入った。
先日の熊本の 和綿のU様共々 何かの重大な御使命を頂かれているのではないかと
あらためて思ったことだ・・・・・。 本当にこの世の中 すごい方が沢山いらっしゃる・・・・。

申し訳なくもお昼にと用意してくださっていたおそばを頂戴して 明日のために宿に入る。
なまじインターネット予約に慣れていた安心感で確認を怠った為 私だけの宿が取れていて
あわててしまった・・・申し訳なくも 他の宿を探す事になり 分宿となった。
 
翌朝 背の君様と三宮で落ち合う事になっていたので 移動 加古川からさらに乗り換えて
西脇のりっぱな織物会社をお訪ねした。 早くから 日本の技術の国内の空洞化が
言われていたけれども 結局大きな経済の流れに飲み込まれてきた形で
繊維の世界でも 晒す プレスする 染色する 等の細かい工程の工場が 国内では
成り立ってゆかなくなり 閉鎖や倒産においこまれているのが 現状なのだ。
業界として団結をし 対策を取れないものなのだろうかと よく思うのだけれど 
業界合同で そういう部分工程のできる施設を作り  廃棄設備を集め その方々の
技術をいかせないのだろうかと・・・・。 利害を含むものは なかなかにまとめてゆく人が
大変で 現実には形にならないだろう・・・といわれてしまう・・・・。 とにもかくにも
背の君様と どの部分かで 助けて頂ける可能性があるのかどうか お伺いした。
日本のおへそ にあたる部分だそうで ちょうど地理的に 中心ということのようだ。
穏やかな盆地の 霧が沢山発生する風土が 細い糸を織る産業に適していて
この地の産業になったと承った。 海外にも沢山輸出しておられる 美しい特殊技術の
布地を沢山拝見して まずはわずかながらEM糸の試織をお願いして戻ってきた。

神戸の宿もまたしてもITで手続きしたつもりが とれていなくてあわてたけれど 幸いな事に
特別室をどうぞといってくださって とても広々した御部屋に入れて頂けた。
展示場では見ていたけれど 実際の御部屋は初めてで 背の君様もゆったりしててええなあ~
と ゆっくり御風呂につかったりしていた。 当然ながら 御風呂とトイレットとは別室。
洗面台も 車椅子が深く入れるように配慮してあって 低い。
トイレもアームが上げ下げ出来て 無し と 有りを 使ってみたけれど 
私でさえも アームつきは 楽だった。 浴槽は 入りやすいように片側に滑りとめつきの
台が固定してあり つかまれるアームにも 細かい配慮があるのを発見。
手が滑らないように アームの反対側には 曲線状の凹凸がつけてあって 感心した。
こうして 外に出させて頂くと 体験できる事も多く 本当に有り難いことだと思う。

 
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-27 22:14

不思議なご縁の旅  2

c0147261_2047428.jpg


今生で どのようなお人のご縁を頂くかは どのように生きるか と言う事に
つながると思う。 私の場合 結局 自分の意思と言う小さな枠を超えて
何かにつなげて頂いている としか言いようの無いような 内容の深いご縁を
その都度頂戴していると思う・・・・・。

今治での夜 実はとても感動的なお出会いがあった。
お人柄も暖かく運転もベテランで安心そのものの 同行者Aさんのご紹介で
Uさん御夫妻にお会いする事ができた。 環境活動などは はるかに大先輩の
Uさんご夫妻。 U奥様の先導で お宅を訪問した。 次々と 共通項の話題がでてきて
それぞれにびっくりする。 もうはるか昔から 環境や 健康を意識して 物作りを
してこられた。 私が つい最近学び始めた 東城百合子さんの 健康食に関しても
早くから 講習会の主催者をしてこられた由・・・・・。 
御部屋のぎっしり並んだ御本だけでも すごいと思った。
その地点・地点で ちゃんと核になる方がいらっしゃる。
有り難いことだとつくづく思った。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-26 20:47

不思議なご縁の旅

c0147261_20452779.jpg


デラックスな朝寝坊を楽しんで でも 御約束の朝ごはんには 遅刻して
ヘルシーなモーニングバイキングのラウンジの一角で 錬堂様たちは 既に 
素敵なご縁の会合を楽しんでおられた。

麻房作りですっかり御世話になっている 松山のS様M様ご夫婦をお訪ねするのも 
今回のスケジュールの一つだったが 偶然とはいえ このホテルでの 或る会の
朝食ミーティングに 出席しておられたのだ! 
ひとしきりお話が弾んで 午後には 広島をお訪ねする事になっていたけれど とにかく
御夫婦のすてきなヒーリングルームを お訪ねしてから 海をわたることになった。
松山まで 山の手の高速道路を走ったことはあったけれど 海岸線を走るのは初めてだった。
一名 晴れ男 とも言われている 錬堂様と同行して なんと快適なドライブだったろう!
あの明石海峡から続く 瀬戸内の海の明るさ・・・。 申し訳ないほどの 短時間の訪問ながら
ほっこりとした陽だまりを 張りだした明るい窓際のベンチで楽しんで 美味しいお茶を一服
味わって 広島に向けて移動を開始した。

島なみ街道といわれているこのルートを渡ろうとは! あこがれていたのだけれど
思いがけず 夢が叶った事になる。 広島の友人が おそばのヘルシーなお昼ご飯を
用意してくれているのを知りながら 移動や沢山の会話でお腹がへってはいたものの 
後で感じたのだけれど 道の駅での美しい景色を楽しむ余裕を 錬堂さんは作って
下さったのだと思う。 晴れ渡った空の下 適度な風が吹き渡り 穏やかな御天気・・・・。
そしてここで 鯛めしを頂いたのだ!! ほんとにおいしかった!!

島なみ街道の橋は 鳴門や明石のように長くはなく それぞれの島の道を走り抜けてゆく。
まさに 島を順番にぬってゆく 街道そのもの・・・・。
鈴なりのみかん畑が多くて 黄葉も美しい。 何となく豊かさを感じる。 各島の人口も
とても多いように思う。 外を回ると 何にも知らない自分の無知を つくづく感じる。 
同じ日本のことなのに 知らなくても毎日が過ぎてゆくことは確かなのだけれど
もっと きちんと知らなければ・・・と感じた事だった。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-26 20:45

夢のようなお宿  2

c0147261_22424542.jpg


正直 前夜は徹夜をしていたので この適度なやわらかさの きれいなベッドには
たおれこむようにして眠った。 ほんとうに 十分な安眠と休息を 頂けた。
有り難いことだ。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-25 22:42

夢のようなお宿  1

c0147261_22413583.jpg


やっぱり 素敵な物は素敵だな・・・。 シャワールームがついていて 豪華な
トイレタリー・・・・・。石鹸類まで お顔が違う・・・・。 ゆったりしたバスタブには
バラの花弁でも浮かべてみたくなったり もこもこの泡にうもれてみたくなったり・・・
これらも リラックスをさそう 手段かもしれないな・・・・。
無駄の無いビジネスホテルに慣れている身には 驚きで 窓際のクッションの良い椅子に
立ったり坐ったり・・・・スツールの引き出しをあけたりしめたり・・・何となく チャップリンの動作を
我知らず思い出していたりして・・・・?一人を良い事に 他愛も無いことをしばし楽しませて
頂いた。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-25 22:41
c0147261_222173.jpg


工場見学の後 織り元社長様のご紹介で 今治国際ホテルという 立派なホテルに
チェックイン。 私にしては あまり縁の無いような立派なところで でも こんな体験も
悪くは無い。 なんでも 造船会社さんの建てたものだそうで なるほどロビーには 
船舶の模型が 飾ってあった。 ご紹介の割引価格ででもなければ おそらく
殆どご縁の無いホテルだった。

朝 レースと豪華な厚地カーテンを引くと 荘厳な朝日のさす美しい風景・・・・。
前夜 余り眠っていなかったのもあったけれど 豪華な設備と気持ちよいベッドで
集合時間に目を覚ました という失態をしでかしたものの このような体験を
させて頂いたのも 有り難いことだった。
[PR]
by dmm8649 | 2008-12-23 22:02