トータスマミーの独り言


by dmm8649

<   2008年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧

c0147261_8102986.jpg

ビッグサイト健康博覧会二日目 今回 有り難い事に沢山であって まさに有り難いことだと思う。懐かしいかたや 思いがけない方にお会いする事ができた。 先日商工会の応援で大崎のゲートシティのイベントホールに藍のPRに立たせて頂いたがその管理をしてくださった自然食品と雑貨のお店の方も立ち寄ってくださった。二万人の人達が働くビジネスビル街のほぼ真ん中にあるイベントとグルメ ショップゾーン。 先日やはりニッポンいいもの再発見(ギフトショー)で上京したおり ご挨拶に寄らせて頂いたがちょうどバレンタインフェアーということで なにやら賑やかな音楽が響き渡っていて 何とバリ島の楽士と踊りこさんたちによる 本物のショーを見せて頂いた。いつかテレビで見たことはあったけれど ガメランのおとなどにあわせて 金襴緞子のような美しい衣装の踊りこさんたちの しなやかな動きと 見事なてゆびの動き・・・暫く観客の一人になって楽しませて頂いた。観覧料な
どむろん不要!誰でも楽しめて有り難い事だった。
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-29 08:10
c0147261_7454846.jpg

[PR]
by dmm8649 | 2008-02-27 07:45

健康博覧会

c0147261_7433120.jpg

確か雨の予報が穏やかな一日だった。今回頼もしいI君のおかげで とても綺麗に飾り付けられた。場所も 何時もの端っこではなく お蔭さまで有り難い。蝶理様にお願いした 素材吊り札も間に合わせて下さった。回りのさまざまのブースも見事。お隣りは日東紡さん。 さあ藍さん EMさん 楽しくお伝えしょうね!
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-27 07:43

ほらお顔も撮れました!

c0147261_2242617.jpg

もたもたしているあいだに汽車はもう ゴウゴウと音をたてて 暗闇のなかの瀬戸大橋を渡り切って 児島に到着! さて ノートをひろげて 明日のレイアウトの思案に・・・時間も一緒に走っていますねー。
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-25 22:04

高松から出発!

c0147261_21555299.jpg

明日の朝は東京です!やっと 二階の窓が撮れました。
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-25 21:55

明日の朝は東京駅

c0147261_1761182.jpg

[PR]
by dmm8649 | 2008-02-25 17:06

そこまで春が・・・2

c0147261_17585520.jpg

車窓から 可愛い雲さんを 発見! 春の光と空気を一杯はらんで ゆっくりゆっくり動いている ねえ とっても素敵な夢を運んできてくれているような気がしません?
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-24 17:58

そこまで春が・・・1

c0147261_17463277.jpg

工業技術センターの正面でお迎えの車を待っていたら菜の花が一群咲いているのを見つけたよ! 看板の脇で 小屋の後なんだけれど・・・
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-24 17:46
それぞれの色の異なり クセはあってあたりまえのようなものだけれど ことにも 私は
小さいときからよく注意されていたような気がする・・・・。 といいながら もう 半世紀を
はるかにうわまわって生きさせていただいたが これといって一筋極めたものをものを
もたないことを恥じるけれど これも一つの生き方として 私は納得している。
読書も或る方にめぐり合うと 集中して読み込んでいく・・・・・環境活動といえば事情の
許す限りのめりこむし 笛といえばそればかりだったし 短歌に惹かれていた時は
なにもかもが三十一文字になっていくし・・・・多分入り口より少し入ったところで もっともっと
他の世界もしりたくて・・・要するに大変ごうつくばりの欲張りなのだ・・・・。
どれもつまらなくなって放りだしたというよりは 事情の変化・・・・・ことに外に出るように
なって 実に様々な方たちのご縁を頂くようになると その方の きらめきに目がいって
しまって たとえば宇宙のはなしに詳しい方だと もう古くはガモフからホーキング博士
まで追ってしまうし 今は量子物理学系?の リラ・サンドールが面白いというように 
次々変わっていってしまう・・・・。アーユルヴェーダといえばもうその中に・・・・・。
どうして眠らなければならないんだろうと ほんと 眠るのが残念で仕方なかった時が
あったけれど 現在は 本家かめさんモードに落ち着いた。
ただただ広く浅くだけれど それぞれに 楽しませていただけたと思う。

思えば本当に母に感謝する・・・・・女の子に学問や本は要らないといわれていた余韻が
当時住んでいた地方都市では 濃厚だった。けれども 母は私の本好きを阻止
しなかった。 母自身が大変向上心と好奇心に満ちた人だったので 有り難かった。
時々 戦後の厳しい生活の中での 母の夜なべ仕事(明治の人にしては 珍しく
洋装育ちで かつて外国婦人に 洋裁を習っていたのを活かして 当時GHQの
将校婦人達の パーティドレスなども 仕立てていた・・・・)の傍らで 次々に借りてくる
県立図書館の本に読みふけるのを 決して咎めはしなかった。 展覧会など めったに
行けるものではなかったし 数も少なかったが 母が時々引っ張り出してくれたのも
有り難い思い出の一つだ・・・・。 さまざまのものが 渾然一体となって 今の私を
楽しく生きさせていただいている。 のめりこむときはのめりこんでも良い と娘達の
生き様にも思うことだ・・・・。只 人に迷惑をかけることは決して してはならないが。
この表現も 考えこめば 何も出来なくなってしまうけれど 生き生き輝こうよ かめさん。
ありがとうございます。
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-24 12:06

会議場の池のほとりにて

c0147261_21564696.jpg

イルカさんと 藍と 双子ちゃんの ながーい お話。 長くも短くも 人生って多分 どのような
人=師 本や絵や音楽などに 御縁をいただいたかに かかっているような気がする・・・・・
プライバシーにかかわるから 名前も 姿も出せないけれど 白鳥さんと対話している
Nさんとの出会いは 私にとり 大変大きなものだった。 
藍染めをEMセラミックでするだけではなく 丸ごとEM藍に取り組みたいと願いながら
栽培する余裕がなくて 思案投げ首のとき EM菜園に関わっていた彼女に相談したら
二つ返事で すぐに引き受けてくれたのだ。 彼女は わけあって 保育園児の双子ちゃんの
シングルマザー。 生活のために 送り迎えをしながら パートにかよっている身だったにも
かかわらず 委託した作業を 丹念に写メで報告してくれて どんなに有り難かったか・・・・
彼女の純粋EM育ちの栽培と 収穫した種がなかったら 昨年から始まったプロの藍師さん
との EM藍の取り組みは 始まらなかった・・・・・。感謝して余りある協力者の一人なのだ。
ご縁の始まりは EM本部ともいえる ホテル コスタビスタ沖縄 の エルスールという
ショップで 私どもの 藍染のパンツを求めてくださった事・・・・・。 可愛い絵を沢山
書き込んだすてきなFAXを 送ってきてくださって それから 電話や メールで
やり取りが始まり・・・・。その後何度も EM大会では 販売の手伝いをかいがいしく
手伝ってくれたり あつかましいのだが 彼女は娘 そして 双子ちゃんは孫という
誠に自然な形・・・・・。 昨年 藍の作業が一段落したとき お古で申し訳なかったけれど
私のベッドに住んでいた H社製 大きなイルカさんと 中イルカさんのきょうだいが
双子ちゃんのところへ移住した。 イルカが欲しかったのだと お古にもかかわらず
Nさんの素直な喜びよう・・・・。 私も そして イルカさんも絶対に 嬉しかった。
今回も又 双子ちゃんをつれて 会議場にきてくれた。 H社の部長さんが 双子ちゃんに
ミニイルカをくださった。 ほんとうにうれしかった。 ありがたかった。 Nさんのところで
イルカさん達は フアミリーになった!  Nさんは チャレンジ精神に満ちていて
今年 准看護婦さんの試験に合格! 双子ちゃんを両手につなぎながら 何と力強い
ママさんだろう・・・・。 彼女の一生懸命な生き様に 私が 励まされる・・・・・。
会議場の池に白鳥さんたちがいるよと 双子ちゃんたちが教えてくれて 会場の荷物も
送り出し 御挨拶を済ませて 池のほとりに出た。 すっかり人なれしている白鳥さん 二羽。
Nさんの手から クッキーをもらっている。 手まで食べられそうな勢い・・・・。
しばし楽しんでから その後Nさんのおうちに立ち寄り 彼女らしいヘルシーな夕食を
一緒に頂いて 雪の街中をタクシーでホテルに戻った。
けなげな彼女は 江本先生の 世界の子供達への 水からの伝言の絵本運動も
エコナプキンを手作りして 藍で染める運動も 手伝ってくれている 有り難い存在なのだ。
[PR]
by dmm8649 | 2008-02-23 21:56