トータスマミーの独り言


by dmm8649

夜の 神戸 三宮風景  1

c0147261_074158.jpg


新しいご縁をいただけるのは やはり 嬉しく 有り難いことだ。
朝一番に はるばる鳥取からみえたという治療士の方から よいお話を伺うことができた。
あの みずみずしい御野菜を どっさり送ってくださった 天橋立の土に生きるAさんの
仏様のような笑顔にも お出あいできた。
インドの綿栽培は 国内農産物の2%なのに 国内の30%の大量の農薬が使われていて
しかもほとんどあの枯葉剤なのですよ! インドの農業従事者の自殺率が上がっているのを
知っていますか 沢山の奇形児もうまれていて 綿100%が安心だなんて
とんでもないですよ と 昨夜 熱っぽく語ってくれた 大学を出て間もない山梨の青年にも
であえた。ずっしりと 重い会話だった・・・・・。
以前から 和綿を育てたいと願っていたけれど ますます 藍草と和綿の栽培は 私の
大切なテーマの一つに思えてくる・・・・・。

10時会場後 あの砂浴で来て下さった懐かしい方々が 次々に お立ち寄りくださる。
安心 安全 信頼 への関心は ことに 子育て年代の方々に切実なように思える。
EMの関心 知名度は かなりのもので うれしかった。 EM関連の方も 東京から
みえていて 御米のとぎ汁EM活性液作りの 講習をしてくださっていた。

寸前のご案内にもかかわらず M様とKさんが 立ち寄ってくださり 会員登録まで
してくださったとの事! 有り難いことだった。
しかも 昨日のお昼間のぎりぎりの電話連絡にもかかわらず Yさんが飛んできてくれて
会場見学後 閉場の御手伝いまでしてくださって 夢中で飲む事も 食べることも忘れていた
私にとっては 本当にありがたく 大助かりだった。

出来るだけ早く帰社しないと週末又次の出張が控えているので 少しでも近くにと 神戸に
出ることにした。弁天町から 大阪駅に出ると すぐ 姫路行きがきていて スムーズに 
移動することが出来た。 降り立った三宮駅前は やはり クリスマスシーン。
何と 有り難く 平安なことだろう・・・危険な作業から脱出するすべもなく 追い詰められてゆく貧困階級の人達 そして 産み落とされる奇形児の命・・・その農薬まみれの綿は・・・・
これだけに関わらず 紛争の地域で今起こっている事々 悲しい犯罪 悲壮な別れ・・・・・
同じ地球の上での この格差は・・・・・・。
連休を楽しんだフアミリーや若者の人群をぬって 定宿にむかいながら 私のどうする
こともできない事々・・・・ただ この今在ることを感謝する事しか出来ないけれど・・・・
その先は神の領域として 今の只今を 有り難く生きさせて頂くことなのだろう・・・・・。
[PR]
by dmm8649 | 2008-11-25 00:07