トータスマミーの独り言


by dmm8649

永遠の愛のかたち

c0147261_22223076.jpg


有名な 忠犬ハチ公のコーナーは 待ち合わせの場所としても 有名なところで
私のような方向音痴には 有り難い所だ。 商談の合間に MRをしようと言う事で
Mさんと待ち合わせたのが この ハチ公さん前。 

はるか半世紀以上昔の 中学校の時の修学旅行が この東京だったけれど
二重橋前の記念撮影と 神田の旅館に 貴重な親戚の 今は亡き従姉が
会いに来てくれた事ぐらいしか覚えていないけれど たしか ハチ公さんのところにも
来たような気がする。 もっと 小さかったような・・・。 後は全てがもやの彼方だけれど・・・。

このハチ公さんが ご主人の亡くなった後も 毎日駅までお迎えに来ていたというのは
時を越えて 胸が熱くなる・・・・。 雨の日も風の日も その姿は どれほどの人の心を
ゆさぶったことだろう・・・。 可哀相 とか 哀れ とか言うのを超えて 尊さを
教えてくれていないだろうか・・・・。 足を踏ん張って ながれでてくる人波の中から
ご主人様をみつけて迎えようとしている けなげな緊張感が 伝わってくるような銅像・・・・。
きっと その姿を見つけたら 喜びを全身にみなぎらせて 走りよってむかえたのだろう、
ご主人は その姿に 一日の疲れも飛んでいった事だろう・・・・・その感動的な次のシーンが
浮かんでくるような銅像だと思う・・・・。
単なるシンボルではなく やはり これがここに存在する事の 大切さを感じさせて頂いた。
  
よく 背の君様と話すのだけれど 我が家の四匹の老女達も
ご飯のたびに 喜び 御散歩のたびに喜ぶ。 それは 全身全霊を尽くして 喜んでいる。
人間だったら だんだん慣れてしまって こんなに喜べるだろうか・・・・。
この老女犬さん達にも ずいぶんと御世話様になっている。 
付き合ってくれて有難う!!


 
[PR]
by dmm8649 | 2008-11-20 22:22