トータスマミーの独り言


by dmm8649

孤高の紅葉

c0147261_21532541.jpg


工場前庭の一隅 傾斜地の不安定なところに 一本のけやきが  頑張ってくれている。
おそらく誰にも 注目を浴びることもなく ひっそりと立ちつくしている。
私も あまり眺めることも無く 来てしまった。
最近は ブログを始めたおかげで しっかり身の回りの視界を 見つめるようになったと思う。
いままで見過ごしていた 一木一草 空や 空気の流れまで 身に感じるようになって
つくづく有り難いことだと思う。 
あたふたと 時間の流れに ただ流されるのではなく それなりに 与えて頂いた豊かさを
感じさせて頂く事こそ 幸せなことだと思う。
秋雨前線 と 高気圧が 押しくらまんじゅうをしているのか そのはざまを 時々 一陣の
強風が吹いてきて 工場の前に 今まで気づかなかった カラフルな落ち葉が 
吹き寄せられてくる。 仕事場とジム所を行き来しながら 受信したフアックスなど片手に
足元の葉っぱを拾い上げて あまりの美しさにびっくりした。
送り主の けや木の木に近づいて 御礼のことばを送りながら見上げると ずいぶんと
背が高い・・・・・そう もう 20年近くたっているのね・・・・・。
黄昏の気配が漂ってくる時間になっていて アナタの美しさを 十分に捉えられなくて
ごめんなさい・・・。 でも あなたの プレゼントの一部を ほら 記念撮影しましたよ。
ありがとう!
[PR]
by dmm8649 | 2008-11-19 21:53